root不要でsettings.dbを編集する方法

この記事の賞味期限は切れています。
投稿から1年以上経過しているため、情報が古い可能性があります。

当サイトで紹介するMODやアプリなどの内、システムファイルの改変やシステムに深く関わるものはroot化やリカバリが必須となります(root化の必要なしと明記している場合は除く)。導入は自己責任で行ってください。また、技適の無い機器の使用は自己責任です。

ドコモの機種での格安SIM MVNOへのテザリング制限を解除するためには
settings.dbを弄るにはroot化しないといけない…
という風に思いがちですが、実はadbでのコマンドでも編集できます。

自由にテザリングできるようにして、ドコモ回線以外でも
テザリングを活用できるようにしてみましょう。

※Androidバージョンによっては存在しません。
その場合は他の方法を探してください。


コマンド実行にはadbの準備が必要なので、
まずadbコマンドが使えるようにしてください。

settings.dbを弄るコマンドは

settings put [Table] [Name] [Value]

です。

MVNOでのテザリング制限を解除したいときは
開発者向けオプションでUSBデバッグを有効にして
コマンドプロンプトで

adb shell
settings put global tether_dun_required 0

と一行ずつ入力します。
ドコモ版Xperia Z3やZ3 CompactのMVNOでテザリングしようとすると
テザリング中にエラーが起きました。
というエラーが出る、テザリング制限の解除ができます。

アップデートした際はもう一度コマンドを打ってください。
ただし、5月のアップデート以降では新規では塞がれるようです。
一体古いバージョンに戻してやり直してください。

adb shell
settings put global tether_dun_required 1
settings put global tether_dun_required 0

を実行してみてください。


Sony Mobile Communicationsのスマートフォン、Xperia向けのカスタマイズや便利なツールを紹介しています。Xperia X PerformanceとZ4 Tabletを使用中で、Androidアプリも開発しています。

Twitter: @AndroPlus_org

コメントフォーム右上の「ログイン」メニューで各種SNSアカウントでログインできます。
匿名でコメントしたい場合は、名前とメールアドレスを入力した後「アカウントを作成せず投稿する」にチェックを入れてください。
Disqusに登録すると、返信通知を受け取れます。