Windows8で署名が無いドライバーをインストールできるようにする

この記事の賞味期限は切れています。
投稿から1年以上経過しているため、情報が古い可能性があります。

当サイトで紹介するMODやアプリなどの内、システムファイルの改変やシステムに深く関わるものはroot化やリカバリが必須となります(root化の必要なしと明記している場合は除く)。導入は自己責任で行ってください。また、技適の無い機器の使用は自己責任です。

Windows8、8.1では署名の無いドライバーはテストモードにしてインストールできるようにしないといけません。
しかし、これは再起動毎に無効になってしまい、少々面倒です。
グループポリシーを見ていると無効のままにできる項目を見つけたので紹介します。
「ファイル名を指定して実行」で「gpedit.msc」と入力してグループポリシーエディターを開きます。
次に左側のツリーで「ユーザーの構成」→「管理用テンプレート」→「システム」→
「ドライバーのインストール」を開き、右側に表示された「デバイスドライバーの署名を確認する」をダブルクリックしてください。

下のようなウインドウが開くので無効にします。

これでドライバーインストール時に署名が無くてもインストールできるようになります。
メモ代わりに書いているので再起動後に変わるかはまだ未確認ですがおそらく無効のままになっていると思います。
→再起動後も無効のままで、署名の無いドライバーをインストールできました。
ちなみに、ドライバーをインストールすると「コンピュータ(PC)」でアイコンが表示されますが、
このリアルアイコンと呼ばれる画像は
C:\Users\ユーザー名\AppData\Local\Microsoft\Device Stage\Device
以下にあります。
アイコンを変えるにはキャッシュも変えないといけません。
Xperia Zの場合c:\programdata\microsoft\windows\devicemetadatacache\dmrccache\en-us\以下にありますが、
「デバイスとプリンター」で右クリックしてショートカットを作り、プロパティで「アイコンの変更」
をクリックするとどこにアイコン本体があるか簡単に分かります。


Sony Mobile Communicationsのスマートフォン、Xperia向けのカスタマイズや便利なツールを紹介しています。OnePlus 3T A3010とXperia XZ F8332を使用中で、Androidアプリも開発しています。

Twitter: @AndroPlus_org

コメントフォーム右上の「ログイン」メニューで各種SNSアカウントでログインできます。
匿名でコメントしたい場合は、名前とメールアドレスを入力した後「アカウントを作成せず投稿する」にチェックを入れてください。
Disqusに登録すると、返信通知を受け取れます。