スマートバンド+TWSイヤホン=Wearbuds! 支援金額1,000万円突破、SNSキャンペーンも実施中

当サイトで紹介するMODやアプリなどの内、システムファイルの改変やシステムに深く関わるものはroot化やリカバリが必須となります(root化の必要なしと明記している場合は除く)。導入は自己責任で行ってください。また、技適の無い機器の使用は自己責任です。

スマートバンド+TWSイヤホン=Wearbuds! 支援金額1,000万円突破、SNSキャンペーンも実施中

スマートバンドにTWSイヤホンを取り付けて充電できる、画期的な充電スタイルのWearbudsがクラウドファンディングに登場です。


充電と収納問題を一気に解決

最近流行の完全ワイヤレス (TWS) イヤホンはケースに入れて充電するタイプが主流ですが、ケースを持ち歩かないといけなかったり、充電が面倒だったりしませんか?

クラウドファンディングで登場予定のWearbudsは、なんとスマートバンド (リストウォッチ) にTWSイヤホンを付けて充電できるようにする、世界初の充電スタイルになっており、スマートバンドと一緒に充電や収納ができます。

Wearbudsのスマートバンド部分は横長な画面で、歩数やカロリーなどのフィットネスデータを専用アプリ「AiPower」に保存・管理できます。

Bluetoothでスマートフォンと接続すればTwitterやメール等のアプリ通知もスマートバンドで受け取れるようになります。

腕に付けるスマートバンド部分はIPX6、イヤホンはIPX5の防水対応なので、雨の日など多少の水に濡れても問題なく使えます。

心拍数モニターもあるため、睡眠トラッキングなども可能です。

防水イヤホンはBluetooth 5.0対応で、QualcommのTWSイヤホン向けチップ QCC3026 を採用することで途切れ防止とバッテリー持続時間向上を両立しています。

コーデックは高音質なapt-X・AACに対応しており、ハイレゾ認証も取得されています。

Wearbuds

グラフェンダイナミックドライバーを使用することで、より細部の音も再現し、低音の沈み込みや高音の伸びも向上させたとのことです。

音声増強技術で大出力になり、音場の深さを縦方向に広げることでコンサートホールにいるかのような没入感が得られるそうです。

ハイレゾイヤホンのバッテリー持続時間は5.5時間で、スマートバンドに入れて充電すれば最大12時間使えます。

スマートバンドは7日間持つため、あまり頻繁に充電しなくても済みます。

WearbudsはクラウドファンディングサイトMakuakeにて出資を受け付けており、なんとすでに支援金額は1,000万円を突破しています。

支援者限定でWearbudsが抽選で当たるSNSキャンペーンも実施中なので、この機会に支援してはいかがでしょうか。

Wearbudsを支援する

はてブ Pocket Mastodon タイトルとURLをコピー

カテゴリ:
コメントフォーム右上の「ログイン」メニューで各種SNSアカウントでログインできます。
匿名でコメントしたい場合は、名前とメールアドレスを入力した後「アカウントを作成せず投稿する」にチェックを入れてください。Disqusに登録すると、返信通知を受け取れます。