スクリーンミラーリングをZ5シリーズでも復活させる方法

この記事の賞味期限は切れています。
投稿から1年以上経過しているため、情報が古い可能性があります。

当サイトで紹介するMODやアプリなどの内、システムファイルの改変やシステムに深く関わるものはroot化やリカバリが必須となります(root化の必要なしと明記している場合は除く)。導入は自己責任で行ってください。また、技適の無い機器の使用は自己責任です。

スクリーンミラーリング修正

Z5シリーズでも有効なDRM機能の復活ができるようになったことで、
スクリーンミラーリングの修正もできるようになりました。


修正方法はZ3シリーズなどと同じく、
DRM機能復活のパッチを有効化した後、

  1. build.propの末尾に
    persist.debug.wfd.appmonitoring=1
    を追加して保存する
  2. /system/etc/wfdconfig.xmlの
            <ContentProtection>
                <Valid>1</Valid>
            <ContentProtection>
                <Valid>0</Valid>
    に変更する

の二つをした後再起動すると、
「保護されたコンテンツやアプリが含まれるため、
スクリーンミラーリングをONにできませんでした。」
「スクリーンミラーリングを開始できませんでした。
出力機器がHDCP対応であるかご確認ください。」
「出力機器はHDCPに対応していません。」
などといったエラーなしにスクリーンミラーリングが使えるようになります。


Sony Mobile Communicationsのスマートフォン、Xperia向けのカスタマイズや便利なツールを紹介しています。OnePlus 3T A3010とXperia XZ F8332を使用中で、Androidアプリも開発しています。

Twitter: @AndroPlus_org

コメントフォーム右上の「ログイン」メニューで各種SNSアカウントでログインできます。
匿名でコメントしたい場合は、名前とメールアドレスを入力した後「アカウントを作成せず投稿する」にチェックを入れてください。
Disqusに登録すると、返信通知を受け取れます。