次期Xperia、ミドルレンジはSnapdragon 665搭載でS820と同程度の性能に。ついにS630から脱却

当サイトで紹介するMODやアプリなどの内、システムファイルの改変やシステムに深く関わるものはroot化やリカバリが必須となります(root化の必要なしと明記している場合は除く)。導入は自己責任で行ってください。また、技適の無い機器の使用は自己責任です。

次期Xperia、ミドルレンジはSnapdragon 665搭載でS820と同程度の性能に。ついにS630から脱却

次世代Xperiaに搭載されるSoCのうち、ミドルレンジモデルに採用されるものが判明しました。


S660後継SoCを搭載

Sony Mobileのファームウェア配信サーバーの情報が更新されたことにより、次期ミドルレンジモデルのXperiaにSnapdragon 665 (SM6125) が搭載されることが判明しました。

SM6125

 

これまでXperiaのミドルレンジモデルでは2018年のXperia XA2から始まり2019年10月末のXperia 8まで、Snapdragon 630が使われ続けてきました。

Xperia 10 PlusにはSnapdragon 636が使われていたものの、やはりSnapdragon 660に比べるとパワー不足が否めず、性能が低い割に価格だけは高いままだったため他社ミドルレンジと比べて見劣りする要因となっていました。

Snapdragon 665はSnapdragon 660の後継となるSoCで、Snapdragon 820と同じぐらいの性能を持っています。S630に比べるとかなりマシになるので、ゲームなど負荷の高いことをしない人なら十分普段使いできるレベルになるはずです。

また、CPU・GPUの性能面以外にDSPやISPといった付随するものもアップグレードされているため、カメラのシーン判定や画像処理などの面でも改善が見られるはずです。

後は価格を据え置きか下げるようにしてくれれば良いのですが…。

なお、次世代ハイエンドXperia向けにはSnapdragon 865 (SM8250) が採用されています。今のところローエンドモデル向けの情報はありません。

※スマホ評価・不具合ニュースやGazyekichiとiPeria、ESATOなどへの転載を禁じます。また、ウオーターマークを切り取っての転載も禁じます。
スマホ評価・不具合ニュース や GazyekichiとiPeria は広告収入目的でデマや悪意のある内容、盗用コンテンツばかり掲載しているため、もしまだ見ていたりツイートしたりしている人がいたら注意してあげましょう。

はてブ Pocket Mastodon タイトルとURLをコピー

カテゴリ:
コメントフォーム右上の「ログイン」メニューで各種SNSアカウントでログインできます。
匿名でコメントしたい場合は、名前とメールアドレスを入力した後「アカウントを作成せず投稿する」にチェックを入れてください。Disqusに登録すると、返信通知を受け取れます。