OneMix 3 Pro、GeekBuyingで特価$939.99に!i5-10210Y+16GBメモリの最高級UMPC

当サイトで紹介するMODやアプリなどの内、システムファイルの改変やシステムに深く関わるものはroot化やリカバリが必須となります(root化の必要なしと明記している場合は除く)。導入は自己責任で行ってください。また、技適の無い機器の使用は自己責任です。

OneMix 3 Pro、GeekBuyingで特価$939.99に!i5-10210Y+16GBメモリの最高級UMPC

GeekBuyingのブラックフライデーセールで、早速OneMix 3 Proが特価です。他にもMagic-Ben MAG1やOne Mix 2Sなどの各種UMPCが安くなっています。


第十世代Core i5搭載でトップクラスに

OneMix 3 Proはなんと第十世代 Intel Core i5-10210Y を搭載したかなりパワフルなUMPCです。メモリも16GB、ストレージは512GB PCIe SSDとストレスを感じることなく使える水準になっており、バッテリーも8600mAhと大容量です。

CHUWI MiniBookやMagic-Ben MAG1がm3-8100Yで足踏みする中、UMPC最高クラスの性能を持つOneMix 3 Proでさらに他社を引き離すことになったOneMix社は日本展開を拡大しており、今回は日本語キーボード版も用意されることになりました。英語キーボードとの価格差はないため、どちらでも好きなバージョンを選べます。

 

8.4インチ 2560*1600ディスプレイはもちろん4096段階の筆圧検知に対応しています。

358PPIと高精細で、動画を見る際は2K解像度・普段使いはFHDに落とすという使い分けができます。

2K

360°回転させられるため、Magic-Ben MAG1やGPDシリーズなどよりも使い方の自由度が高いです。

360°

ポケットに入るほどのコンパクトさで、重さは約650gと持ち運びに便利な軽さです。

外出時は持ち歩き、オフィスに戻ったらUSB Type-Cハブやmicro HDMIケーブルでディスプレイに繋いでデスクトップ化する、という使い方ができます。

ポケットに

OneMix 3 ProはGeekBuyingでクーポンMix3Proにて$939.99で購入できます。

OneMix 3 Pro

なお、ブラックフライデーセールで$1000以上で$111オフ、$600以上で$60オフなどのクーポンが毎日午前11時に30名限定で配布されています。$60オフクーポンを使えば$899.99~と、10万円切りの9.8万円でお得に購入できちゃいます。また、クーポンTHANKSでどの商品でも$3オフになります。

数が限られているクーポンでも、あらかじめログインしておいて10:59頃にページを更新して11:00になるのを待ち、すぐボタンを押せばゲットできるので、この機会に購入してはいかがでしょうか。

ブラックフライデーセール

OneMix 3 Proはなんと日本・東京で一番最初に発表するというかなりの力の入れようです。

東京

発表会には国内代理店のテックワンも参加しており、OneMix 3などに続き日本でも正式販売されることになっています。テックワン経由だとサポートが受けられますが、保証を重視しなければGeekBuyingで買ってしまった方が2万円ほど安く購入できます。

(写真は左…モデル、二番目…One-Netbook 副社長Jason氏、三番目…One-Netbook 社長Jack氏、四番目…株式会社テックワン中林秀仁氏)

テックワン

もう実機が各ブロガーに配布されているようですが私の所には来ていません。残念…。

実機

M3-8100Y・16GB RAM 512GB SSD搭載のOneMix 3Sは$858.99で購入できます。

OneMix 3S 16+512GB

期待の新星Magic-Ben MAG1も$699.99~

Magic-Ben MAG1はOneMixシリーズに似たようなデザインで価格を抑えたUMPCとなっています。

Magic-Ben MAG1は8.9インチ 16:10のワイド画面を搭載しており、10ポイントタッチに対応しています。OneMix・MiniBookのような360°回転させられるタイプではないため、ノートPCスタイルでのみ使用できます。小さいですがトラックパッドもキーボード下についています。

86%

キーボードはバックライト付きなので暗い場所でも打ちやすくなっています。

キーボード右上には指紋認証センサーがあり、Windows Helloで素早いロック解除ができます。

キーボード

UMPCとしては珍しく4G LTEに対応しています。FIBCCOM L830-CNネットワークカードを搭載しており、2.4/5GhzのWi-Fiのほか

GSM/GPRS/EDGE: B2,B3,B8
HSPA+: B1,B2,B5,B8
TD-SCDMA: B34,B39
LTE FDD: B1,B3,B8
LTE TDD: B38,B39,B40,B41

に対応しています。中国向けのバンド構成のため、日本ではY! mobileSoftBankLINEモバイルといったSoftBank系の回線でないと使いにくそうです。

4G

バッテリーは8,600mAh搭載で、オフィス使用だと約7時間、通常約12時間の連続使用が可能とされています。

USB PD 5V / 9V / 12Vでの充電ができるため、12V/2A制限があった昔のUMPCとは異なり様々な充電器・モバイルバッテリーを使えます。

USB PD

 

8GBメモリ版はクーポンMagicBen4GLにて$699.99、16GBメモリ版はMagicBen4GHにて$839.99で購入できます。

8GB + 256GB

16GB + 512GB

Wi-Fiのみ対応の16GB + 512GB版はクーポンMagicBen20にて$773.99で購入できます。

Wi-Fi 16GB + 512GB

はてブ Pocket Mastodon タイトルとURLをコピー

カテゴリ:
コメントフォーム右上の「ログイン」メニューで各種SNSアカウントでログインできます。
匿名でコメントしたい場合は、名前とメールアドレスを入力した後「アカウントを作成せず投稿する」にチェックを入れてください。Disqusに登録すると、返信通知を受け取れます。