Xperia Z1にCM11.0をインストールしてみた

この記事の賞味期限は切れています。
投稿から1年以上経過しているため、情報が古い可能性があります。

当サイトで紹介するMODやアプリなどの内、システムファイルの改変やシステムに深く関わるものはroot化やリカバリが必須となります(root化の必要なしと明記している場合は除く)。導入は自己責任で行ってください。また、技適の無い機器の使用は自己責任です。

bootloader unlockしたXperia Z1にCyanogenmod 11.0をインストールします。



Cyanogenmod(以下CM)には様々な機能が詰め込まれています。
今ではほとんどの機能はXposedモジュールで再現できるようになりましたが、
Xposedでは変えられない・変えるのが難しい部分もあるのでまだまだCMをインストールするメリットがあるといえるでしょう。
CM 11.0はAndroid 4.4をベースにしているので、4.3のバグであるメモリリークの修正もされています。

 1. 準備

Xperia Z1向けのCM11.0はこのページからダウンロードできます。
FreeXperia Projectからもダウンロードできるのですが、内容はほぼ同じでアップローダの都合上DLできないことが多いです。
ページの上の方にあるcm-11-*******-EXPERIMENTAL-honami.zipをクリックしてダウンロードします。
この記事を書いたときはcm-11-20140109-EXPERIMENTAL-honami.zipが最新版でした。
このzipにはGoogleのアプリ群が入っていません。
別途このページからダウンロードしてください。
現在は20131208 (Recommended)がCM11.0向けの最新版なのでそれをダウンロードしてください。
このGoogleアプリを入れてARTを使おうとすると問題が起きるようなのでARTを使いたければその下の20131119 (ART Compatible)を選んでください。

 2. インストール

cm-11-*******-EXPERIMENTAL-honami.zipを開き、boot.imgだけ取り出してください。
コマンドプロンプトを開き、
fastboot flash boot boot.img
と入力します。
finished. total time:
と出たら
fastboot reboot
と入力して再起動します。
そのままではまだCMのインストールは完了していないのでリカバリに入ります。
cm-11-*******-EXPERIMENTAL-honami.zipとgapps-kk-*****.zipをインストールします。
インストールした後は必ずWipe cache/ dalvik cacheしてください。
以前のAndroidバージョンのデータがあると問題が起きる可能性があるので
Wipe data(factory reset)もしてください。(しないと起動しません)
/sdcard0(/data/media/0)の内容は例外的に削除されないので安心してください。

 3. 完了!

再起動するとCyanogenmodのbootanimationが再生され、しばらくするとセットアップウィザードが始まります。
しばらく使ってみたところ、Wi-Fiやデータ通信はちゃんと使えるのですが、
Taskerの動作が不安定だったり起動しない・正常に動作しないアプリが多くまだ普段使いできるレベルではなさそうです。



コメントフォーム右上の「ログイン」メニューで各種SNSアカウントでログインできます。
匿名でコメントしたい場合は、名前とメールアドレスを入力した後「アカウントを作成せず投稿する」にチェックを入れてください。
Disqusに登録すると、返信通知を受け取れます。