[Z1] 起動中の輝度を変更する

この記事の賞味期限は切れています。
投稿から1年以上経過しているため、情報が古い可能性があります。

当サイトで紹介するMODやアプリなどの内、システムファイルの改変やシステムに深く関わるものはroot化やリカバリが必須となります(root化の必要なしと明記している場合は除く)。導入は自己責任で行ってください。また、技適の無い機器の使用は自己責任です。

SONYロゴが出てからbootanimationの途中までは輝度の設定は無視され、
最高輝度になりますがこれでは暗い場所で再起動した時などでは眩しくなってしまいます。
また、CWMなどリカバリを使う時もこのままなので無駄にバッテリーを消費してしまいます。
(TWRPなど輝度調整できる場合はいいのですが…)
Zの時も同じ記事を書きましたが、Z1では輝度を変更するファイルや値が変わっています。
Z1の場合は
ファイルの場所:
/sys/class/leds/wled:backlight/brightness
輝度の値:
288~4095
です。
輝度を変更するには/etc/pre_hw_config.shの
# Used to set special parameters during early boot.と#Touch fw updateの間など
他のコマンドの途中でない場所に

dev=/sys/class/leds/
echo 288 > $dev/wled:backlight/brightness

と入力します。
288の部分は輝度の数字なので好みの数字にしてください。
288以下にしてもいいですがあまり下げると何も見えなくなると思います。
SONYロゴが出て数秒間はpre_hw_config.shの読み込みがまだされていないので最高輝度になりますが、
その後はpre_hw_config.shでセットした輝度に変更されます。


Sony Mobile Communicationsのスマートフォン、Xperia向けのカスタマイズや便利なツールを紹介しています。OnePlus 3T A3010とXperia XZ F8332を使用中で、Androidアプリも開発しています。

Twitter: @AndroPlus_org

コメントフォーム右上の「ログイン」メニューで各種SNSアカウントでログインできます。
匿名でコメントしたい場合は、名前とメールアドレスを入力した後「アカウントを作成せず投稿する」にチェックを入れてください。
Disqusに登録すると、返信通知を受け取れます。