世界最小ハンディプリンターPrinCube、Amazonに登場。1.2万円でどこでもカラー印刷

当サイトで紹介するMODやアプリなどの内、システムファイルの改変やシステムに深く関わるものはroot化やリカバリが必須となります(root化の必要なしと明記している場合は除く)。導入は自己責任で行ってください。また、技適の無い機器の使用は自己責任です。

世界最小ハンディプリンターPrinCube、Amazonに登場。1.2万円でどこでもカラー印刷

紙はもちろん、木や金属、プラスチック、段ボールにレザーなど、あらゆるものにフルカラー印刷できる画期的なハンディプリンター、PrinCubeがAmazonにて販売中です。


リコーの1/4価格でインク入手も簡単

ハンディプリンターといえばこれまでは業務用のモノクロのものが一般的で、一般向けはリコーが2019年にやっと販売しだした程度でした。リコーのハンディプリンターは4万円以上する高価な商品であるにもかかわらず、黒色でしか印刷できず、インクカートリッジも5,500円という高額なものしか対応していませんでした。

そんな中登場した「PrinCube」は、なんと1/4の$99 (約1万円) という低価格ながらも、フルカラー印刷ができるようになっています。封筒や段ボールなど紙系にしか印刷できなかったリコーとは異なり、木製の板やアルミなどの金属、プラスチック、レザーなどさまざまな素材へ印刷可能で、なんと人の肌にまで印刷できてしまいます。

それでいてインクは純正品が3,000円台と低価格で、なんとHP 62HP 804といった他社インクも使用できます。XLサイズにも対応しているので、HP 62XLでもAmazonで約2,400円と、大容量のインクが国内ですぐ手に入ります

元々IndiegogoにてTheGodThingsがクラウドファンディングで出資受付していた製品なのですが、製造が遅れてやっと最初の1,000台が発送されたというタイミングで「製造元の工場が直販を始める」という異例の事態になりました。日本で人気なためか真っ先に日本Amazonに出品されたため、いつ来るか分からないIndiegogo出資分よりも速く到着しそうです。

Amazonで購入

ラクラク印刷

あらゆるものにフルカラー印刷できるので、例えばMacBookの天板に好きなイラストを印刷したり、段ボールに宛名を印刷したり、スマホケースに文字やイラストを入れてアレンジしたり、といったことができます。ハンドメイド作品にも活躍すること間違いなし。

インクには二種類あり、金属やガラスなどに印刷したい場合は「Permanent Ink」と呼ばれる、溶剤系インクが推奨されています。標準の染料インク「Standard Ink」が肌に優しく、水などで消せるのに対して、「Permanent Ink」はアルコールを含ませた布などで拭かないと取り除けなくなります。

「Standard Ink」はAmazonでも販売されていますが、「Permanent Ink」は今のところIndiegogoでしか購入できないようです。「Permanent Ink」の製造に手間取っているようなので、初回出荷が終わって落ち着けば入荷すると思います。

印刷物

印刷は一行だけでなく複数行に対応しています。

アルファベットだけでなく、絵文字や日本語など、様々な言語・文字に対応しています。フォントは自分で追加できるため、TTFなどフォントファイルさえ持っていれば、毛筆体など好きな字体を使えます。

リコーのハンディプリンターは当初はたったの7種類のフォントしか使えずAndroidアプリを使わないといけない、というトンデモ仕様でしたが、後発のPrinCubeはその辺りスムーズに解決していて素晴らしいです。

フォント追加

コップやギザギザした段ボール、帽子など、平らでない曲面の場所にも印刷できます

平らな場所よりは印刷するのが難しそうですが、これならオリジナルグッズがいろいろ作れちゃいますね。

曲面にも

「Standard Ink」なら肌にもフルカラー印刷できます。

海外ではタトゥーが人気ですが、これなら気軽に毎日絵柄を変えられる、と好評なようです。ぜひとも生体コネクタを印刷してみたい…。

肌に印刷

印刷の様子はデモビデオでも確認出来ます。

160g、軽量コンパクト

PrinCubeは重さ160g、51x72x68mmと、かなりコンパクトです。

軽量なのにバッテリー持ちは6時間連続使用可能、スタンバイは1年間、と十分です。

コンパクト

しかもPrinCubeの充電はUSB Type-Cケーブルで行えるので、わざわざmicro USBケーブルを持ち歩かなくても、スマートフォンやタブレットの充電ケーブルで約2時間で充電できます。リコーの4万円もするハンディプリンターだと連続稼働たったの2時間で充電に4時間かかるmicro USB搭載ですし、安いからといって充電周りの手を抜かないのは素晴らしいですね。

USB Type-C

PrinCubeの標準パックにUSB Type-Cケーブルも付属しています。エクセルシートなど、直線を綺麗に印刷したい場合は③の定規を使います。

インクが乾かないようにするフタも付いているので安心です。

付属品

インクの交換も簡単です。インクは使い終わらなくても好きなタイミングで交換できるそうですが、その場合はインクが乾燥しないように保存しておかないといけません。

インク交換

印刷はアプリで

PrinCubeにサーバー・ウェブアプリが内蔵されているため、PrinCubeをWi-Fi接続してしまえば、後はローカルの通信だけでWindows・MacOS・LinuxとOSを問わずどこでも印刷できます。Wi-FiだけでなくUSBケーブルで接続することも可能なようです。

Playストアなどのアプリと違って公開停止されることがないですし、安心して使えますね。アプリの動作はこちらのデモサイトで体験できます。英語のみですが簡単なのでそれほど苦労することはないと思います。

スマホアプリ

Amazon.co.jpでPrinCube本体セット交換インクどちらも購入できます。販売元であるsmartlife_jpによると、初回入荷分は18日に出荷予定とのことです。

私はIndiegogoで出資済みだったのですが、Amazonのほうが速そうなので1台買っちゃいました。

初回入荷は1,000台で、01/17現在、残り60台ほどだそうです。次回入荷は2月10日頃となっています。「PrinCube」はTheGodThingsしか販売できないことになっているため、KONGTEN MBrushとして販売されます。ロゴを変えたら別製品だからOK、が通るのが中国らしいというか…。

フルカラー印刷できることで単なる宛名書きだけでなく、メッセージの印刷やワンポイントのイラストを入れる、スマホケースを自分好みにカスタマイズする、タトゥーシール代わりに絵柄を肌に印刷する、と様々な使い方ができるようになっています。

インクも国内で簡単に手に入りますし、ハンディプリンターを使いたいけれど維持費がかさんで嫌だった、高すぎて手が出せなかったという方にPrinCubeはおすすめです。

Amazonで購入

はてブ Pocket Mastodon タイトルとURLをコピー

カテゴリ:
コメントフォーム右上の「ログイン」メニューで各種SNSアカウントでログインできます。
匿名でコメントしたい場合は、名前とメールアドレスを入力した後「アカウントを作成せず投稿する」にチェックを入れてください。Disqusに登録すると、返信通知を受け取れます。