新興ノートPCブランドXIDUから格安製品が続々登場。FHD 13.3インチ2in1が$333など

XIDU

【PR】新興ノートPCブランド、XIDUからノートパソコンや2 in 1タブレットが発売中です。


3~4万円で買えるノートPC

XIDUは2014年に設立された、パフォーマンスとコストのバランスが良いノートパソコンで知られつつあるブランドです。

Microsoft SurfaceやLenovo YOGAなどのOEMとして受託生産をして経験を積んでおり、同じ設備・金型で製造しているそうです。格安なのに大手のPCと同じようなデザインであることと充実したアフターサービスで好評を博しており、ファンが増えているとのことです。

XIDU

XIDU PhilPad

XIDU Laptop PhilPad

XIDU PhilPadは13.3インチ1920*1080 1080P IPSディスプレイを搭載した2 in 1タブレットPCです。着脱式のキーボードを採用しています。

省電力なIntel Atom E3950に6GBメモリ・128GB eMMCストレージを搭載し、5,000mAhバッテリーで6~8時間の連続稼働が可能です。

格安なのにUSB Type-Cポートを搭載しており、12V/3A = 36Wでの急速充電が可能です。USB Type-Aポートx2に3.5mmイヤホンジャック、micro SDカードスロットと拡張性も良く、前面2.0MP + 背面5.0MPのカメラでWeb会議やメモ撮影もできます。2.4Ghz・5GHz (802.11 a/b/g/n/ac) Wi-Fi対応です。

AliExpressでストアクーポンが配布されており、$333で購入できます。

XIDU PhilPad

XIDU PhilBook Pro

Pro

約3万円で買えるXIDU PhilBook Proは11.6インチ 2560×1440 IPS ディスプレイを搭載しており、約1.1kgのアルミ合金ボディが採用されています。

360°回転するヒンジ搭載でノートパソコン、タブレット、テントモードを使い分けられます。

Intel J3355 クアッドコア 2.0GHzに6GB メモリ、128GB SSDストレージを搭載しており、バッテリーは6時間ほど持ちます。

$40オフのストアクーポンが配布されており、$277で購入できます。

XIDU PhilBook Pro

XIDU Tour Pro

XIDU Tour Pro

XIDU Tour Proは180°開けられる、12.5インチ2K (2560*1440) IPSのマルチタッチ対応ディスプレイを搭載したノートパソコンです。

メタルボディでありつつも重さは1.23kgに収まっており、16.6mmという薄さに4.8mmのベゼルでスタイリッシュです。

最大4.0GHzのIntel Kaby Lake R 3867U、8GBメモリに128GB m.2 SATA SSD搭載で、512GB SSDに増設することも出来ます。

格安ですが指紋認証センサーにUSB Type-Cポートと最近のトレンドも押さえています。

XIDU Tour Proは$394で購入できます。(01/11現在、在庫切れしているようです)

XIDU Tour Pro

XIDU PhilBook Max

XIDU PhilBook Max

XIDU PhilBook Maxは14.1インチ 2 in 1PCで、FHD IPSディスプレイを360°回転させられます。ディスプレイはマルチタッチ対応で、ドラッグ&ドロップ操作などもスムーズに行えます。

キーボードはバックライト付きなので、暗い場所で使う時でもキーを押しやすくなっています。

大画面 + 強固なアルミ合金ボディでありつつも1.39kgという軽さです。ベゼルは4.9mm、本体の厚みは10~16mmと薄く、デザイン性に優れています。

6GBメモリに128G SSDを搭載しており、ストアクーポンで$352にて購入できます。(01/11現在、在庫切れしているようです)

XIDU PhilBook Max

 

ストアクーポンはこちらから取得できます。この機会にXIDUのノートPCを試してみてはいかがでしょうか。

XIDU公式ストア

はてブ Pocket Mastodon タイトルとURLをコピー

カテゴリ:
コメントフォーム右上の「ログイン」メニューで各種SNSアカウントでログインできます。
匿名でコメントしたい場合は、名前とメールアドレスを入力した後「アカウントを作成せず投稿する」にチェックを入れてください。Disqusに登録すると、返信通知を受け取れます。

当サイトで紹介するMODやアプリなどの内、システムファイルの改変やシステムに深く関わるものはroot化やリカバリが必須となります(root化の必要なしと明記している場合は除く)。導入は自己責任で行ってください。また、技適の無い機器の使用は自己責任です。