Xiaomi Mi 10 / 10 Pro発表。S865にLPDDR5メモリ、108MPクアッドカメラに50W充電

Xiaomi Mi 10 / 10 Pro発表。S865にLPDDR5メモリ、108MPクアッドカメラに50W充電

Xiaomiのフラッグシップスマホ、Mi 10 / Mi 10 Proが発表されました。


5G標準対応に

Xiaomi Mi 10 Proでは、世界初となるLPDDR5メモリに、最速のSnapdragon 865が搭載されています。これまで5G対応モデルは既存モデルの上位版として用意されていましたが、Mi 10 Proでは標準で5Gに対応するようになりました。

Xiaomi Mi 10 Pro
OS Android 10
RAM 8GB/12GB LPDDR5
ストレージ 256GB / 512GB UFS 3.0
プロセッサ Snapdragon 865
ディスプレイ 6.67インチ FHD+ 2340 x 1080 (90Hz AMOLED)
サイズ 162.6×74.8×8.96mm
重さ 208g
SIM Nano SIM
Dual SIM
対応バンド 5G :n1 / n3 / n41 / n78 / n79
4G:FDD-LTE :B1 / B2 / B3 / B4 / B5 / B7 / B8 / B12 / B17
  TDD-LTE:B34 / B38 / B39 / B40 / B41
3G:WCDMA:B1 / B2 / B4 / B5 / B8
2G:GSM:B2 / B3 / B5 / B8
メインカメラ 108MP + 8MP (望遠) + 12MP (ポートレート) + 20MP (117° 広角)
フロントカメラ 20MP
バッテリー 4500mAh
USB端子 USB Type-C (50W 急速充電、30Wワイヤレス充電、10Wワイヤレスリバース充電)

Mi 10 ProではMi Note 10と同じような108MPクアッドカメラとなっています。Mi Note 10に比べると一つカメラが少ないですが、それでもDXOMARK 124と世界最高スコアになっています。

Red Magic 3だと15FPSだった8K動画の撮影も、Mi 10 Proでは30FPSと実用的なレベルで撮影できるようになっています。

Mi 10

ディスプレイはパンチホール型ノッチで、ベゼルは最小限に抑えられています。

大変残念なことにMi Note 10に続いてエッジを採用してしまったため、ディスプレイは6.67インチに大きくなったとはいえ角の部分は反射して見にくくなってしまい、保護フィルムも貼りにくくなってしまっています。

ディスプレイは90Hzリフレッシュレート対応で、コントラスト比 5000000:1、最大800nitでHDR10+対応です。

パンチホール

メモリはなんと8GBと12GBだけ、という割り切ったラインナップで、スマートフォンでは世界初のLPDDR5を採用しています。

ネットワーク面でも5GにWi-Fi 6、Bluetooth 5.1までサポートしているため、とにかく最速が良いという方におすすめです。

LPDDR5

Snapdragon 865を搭載し、高い処理性能を最大限に発揮するため巨大なヒートパイプやグラフェン・グラファイトなど5層で放熱する仕組みになっています。

放熱

ただでさえゲーミングスマホ並の冷却性能だというのに、さらに専用の冷却ファンまで販売されます。

未だに60Hzしか対応していないのにゲーミングスマホを名乗っているBlack Sharkの立場が…。

冷却ファン

バッテリーは4500mAhと大容量です。

50W 急速充電、30Wワイヤレス充電、10Wワイヤレスリバース充電という3種類の急速充電に対応しており、45分で100%まで充電することができます。

独自規格ではなく、USB PD / Quick Charge 4+互換なのでサードパーティー製充電器で急速充電しやすいのもメリットです。

Mi 10 ProにはなんとGaN採用 65W充電器も付属しています。単品で販売して欲しい…。

4500mAh

Mi 10 Proは4999元~ (約78,500円~) で入荷待ちですが、AliExpressでは$888でプレセール中、GearBestでは「まもなく販売開始」とのことです。

AliExpress

GearBest

GeekBuyingではProではないMi 10の8GB + 128GBが91,866円というふざけた価格でプレセール中です。

GeekBuying

はてブ Pocket Mastodon タイトルとURLをコピー

カテゴリ:
コメントフォーム右上の「ログイン」メニューで各種SNSアカウントでログインできます。
匿名でコメントしたい場合は、名前とメールアドレスを入力した後「アカウントを作成せず投稿する」にチェックを入れてください。Disqusに登録すると、返信通知を受け取れます。

当サイトで紹介するMODやアプリなどの内、システムファイルの改変やシステムに深く関わるものはroot化やリカバリが必須となります(root化の必要なしと明記している場合は除く)。導入は自己責任で行ってください。また、技適の無い機器の使用は自己責任です。