Vankyo Leisure 430XXプロジェクター レビュー。1万円未満なのに4500ルーメンでさらに明るく

Vankyo Leisure 430XXプロジェクター レビュー。1万円未満なのに4500ルーメンでさらに明るく

Vankyo Leisure 430XXプロジェクターをいただきました。


前モデルから明るさ500ルーメンアップ

VANKYO Leisure 470では4000ルーメンまででしたが、Vankyo Leisure 430XXでは4500ルーメンに改善され、より明るくなりました。

本体重量も1.35kg→1.22kgと少し軽量化されています。

Vankyo Leisure 430XX
解像度 1280 × 720
対応解像度 576i、576p、720i、720P、1080i、1080P
投影方法 フロント / リア / 天井吊り
アスペクト比 4:3 / 16:9 / 自動
投影距離 1.2~7.2m (推奨3m)
40~236インチ (推奨80インチ)
サイズ 220 x 170 x 90mm
重さ 1.22kg
端子 HDMI x1
AV x1
USB Type-A x1
音声出力 x1
VGA x1
SDカードスロット x1

Vankyo Leisure 430XXはキャリングケース付きで、持ち手も付いているため持ち運びやすいです。

ケーブル等すべて入れた状態の重さは1.83kgでした。

キャリングケース付き

プロジェクター本体が動かないように固定するためのマジックテープがあります。

ケース

付属品はリモコン、HDMIケーブル、AVケーブル、電源ケーブル、レンズクリーナーに説明書 (日本語あり) です。

VANKYO Leisure 470にはレンズクリーナーは付属していなかったので、これは嬉しいですね。

付属品

プロジェクターの操作はリモコンか、本体上部のボタンで行います。

画像右上の部分で投影サイズや傾き調整ができます。

ボタン

正面にロゴが書かれています。レンズカバー付きなので持ち運ぶ際に傷が付く心配がありません。

レンズカバー

VANKYO Leisure 470に比べるとHDMIポートが一つ減っていますが、一つあれば十分でしょう。

VGA端子もあるため、古い機器とも変換アダプターなしに接続できます。

動作中は2つの冷却ファンが作動し、側面の排気口から排気されます。VANKYO Leisure 470より少しは音が抑えられている気がします。

端子

後ろには特に何もありません。

背面

背面にはPSEマークがあります…が、事業者名が近くに書かれていません。

M4ネジ穴があり、天井から吊り下げて使うようにも出来ます。

PSE

日本語表示も可能

初回起動時は言語を選ぶメニューになります。最初は英語ですが、右の方に移動していくと日本語が出てきます。

日本語

映像設定では色温度やズームモード等を変更できます。

映像設定

Vankyo Leisure 430XXはスピーカー付きで、高音・低音の調整やバランス変更もできます。

音設定

明るい部屋でもきれいに表示

プロジェクターとしては格安ながらも4500ルーメン・コントラスト比3000:1で、照明を付けた明るい部屋でも十分きれいに表示できます。

明るい部屋

もちろん暗くするとよりくっきりとした表示になります。

Nintendo Switchもこの通り、ドックと接続して映せるのでゲームを大画面で楽しめます。PCやスマホだと良いのですが、Switchを繋いだ場合は本体の音量キーではプロジェクター側の音量を調整できません。Switchの仕様なので仕方が無いですが…。

音声出力端子で外部スピーカーに繋いでしまえば好きなスピーカーで聴くこともできます。

リングフィット アドベンチャー

ノートPCとの接続も問題なくできました。

スマートフォンを接続したい場合は、ケーブルでの映像出力 (DisplayPort Alt Mode) に対応したものでないといけません。最近のハイエンドモデルなら大抵対応しています。

PC

1万円未満なのにきれいに表示できますし、プロジェクターの入門におすすめです。

Amazonで購入

はてブ Pocket Mastodon タイトルとURLをコピー

カテゴリ:
コメントフォーム右上の「ログイン」メニューで各種SNSアカウントでログインできます。
匿名でコメントしたい場合は、名前とメールアドレスを入力した後「アカウントを作成せず投稿する」にチェックを入れてください。Disqusに登録すると、返信通知を受け取れます。

当サイトで紹介するMODやアプリなどの内、システムファイルの改変やシステムに深く関わるものはroot化やリカバリが必須となります(root化の必要なしと明記している場合は除く)。導入は自己責任で行ってください。また、技適の無い機器の使用は自己責任です。