Z1のペンモードを有効化する

当サイトで紹介するMODやアプリなどの内、システムファイルの改変やシステムに深く関わるものはroot化やリカバリが必須となります(root化の必要なしと明記している場合は除く)。導入は自己責任で行ってください。また、技適の無い機器の使用は自己責任です。

Z Ultraではペン入力、Z1 fには手ぶくろモードがあるという特徴がありますが、
Z1にも無効化されているだけで機能は搭載されているようです。
手ぶくろモードの動作は確認できていませんが、ペンモードは動作が確認できました。
ペンモードとは指だけではなく木製や金属製のスタイラスペンなどでも操作できるようになるモードです。
スタイラスペンがなかったので鉛筆やUSBケーブルの端子の金属部分やLightningケーブルのゴム部分、木製の孫の手で動作確認しました。
3DSのタッチペンなどプラスチック製のものでは動作しませんでした。
ペンモードを有効にするには、/system/etc/init.dのスクリプトで変更します。
hw_config.shなどに入力してもかまいません。

#!/system/bin/sh
chown system:system /sys/devices/virtual/input/clearpad/pen
echo 1 > /sys/devices/virtual/input/clearpad/pen

を実行するようにしてください。
[追記2]
ペンモードを切り替えるアプリをTaskerで作りました。
※ペンモードの状態をちゃんと検出して切り替えるようにしました。
ここからダウンロードできます。
線が途切れる場合は/system/usr/idc/clearpad_pen.idcを開き、

# Pressure
touch.pressure.scale = 0.2


# Pressure
touch.pressure.scale = 0.1

にしてみてください。
[追記1]
手ぶくろモードはハードウェアが非対応のため、リングは出るもののペンモードで対応できるものでなければ反応せず、使えませんでした。
一応それでも試してみたい人のために手ぶくろモード設定表示に対応したWedyMod-resと必要なファイルをアップしておきます。
ここからダウンロードできます。


Sony Mobile Communicationsのスマートフォン、Xperia向けのカスタマイズや便利なツールを紹介しています。OnePlus 3T A3010とXperia XZ F8332を使用中で、Androidアプリも開発しています。

Twitter: @AndroPlus_org

コメントフォーム右上の「ログイン」メニューで各種SNSアカウントでログインできます。
匿名でコメントしたい場合は、名前とメールアドレスを入力した後「アカウントを作成せず投稿する」にチェックを入れてください。
Disqusに登録すると、返信通知を受け取れます。