SONY WF-1000XM3、アップデートでaptX HDに対応?Qualcommが一時公式サイトに掲載

SONY WF-1000XM3、アップデートでaptX HDに対応?Qualcommが一時公式サイトに掲載

SBC・AACしか対応していないはずのSONY WF-1000XM3ですが、一時QualcommのaptX HD対応機器紹介ページに掲載されていたことが判明しました。


誤掲載かアップグレード予定か

The Walkmanblogにより、2月14日頃からQualcommのaptX紹介サイトにSony WF-1000XM3が掲載されていたことが明らかになりました。現在はページにアクセスしても表示されませんが、URLで検索するとGoogle キャッシュで確認することができます。

サイト上では商品名の上にQualcomm aptX HDのロゴが記載されていました。

aptX

使われていた製品画像のファイル名も https://www.aptx.com/sites/default/files/2020-02/sony-wf-1000xm3.jpg となっており、WH-1000XM3など他製品と間違えて掲載してしまったということはなさそうです。

なお、aptX HD対応のWH-1000XM3はちゃんと掲載されたままになっています。

 

AACコーデックまでしか対応していないというWF-1000XM3の弱点がアップデートで解消されるのであれば朗報ですが、WF-1000XM3に使用されているチップはMediaTek製 MT2811Sであり、Qualcommの独自技術であるaptXシリーズ対応は難しいため、現実的には何らかの手違いで掲載されてしまった可能性が高いです。

ノイズキャンセリングに左右同時伝送方式で低遅延、急速充電できる大容量バッテリー搭載など完全ワイヤレスイヤホンの中でも完成度の高いSONY WF-1000XM3ですが、果たしてaptX HDに対応してさらに進化する日は来るのでしょうか。

イヤホン

SONY WF-1000XM3 は現在、Amazon等で25,148円~にて販売されています。楽天スーパーセール等を活用すればポイント還元でさらに安く購入できます。

はてブ Pocket Mastodon タイトルとURLをコピー

カテゴリ:
コメントフォーム右上の「ログイン」メニューで各種SNSアカウントでログインできます。
匿名でコメントしたい場合は、名前とメールアドレスを入力した後「アカウントを作成せず投稿する」にチェックを入れてください。Disqusに登録すると、返信通知を受け取れます。

当サイトで紹介するMODやアプリなどの内、システムファイルの改変やシステムに深く関わるものはroot化やリカバリが必須となります(root化の必要なしと明記している場合は除く)。導入は自己責任で行ってください。また、技適の無い機器の使用は自己責任です。