iBasso DX160 2020年版が登場。より高出力になったAndroid DAP、今ならCA02アダプタもらえる

iBasso DX160 2020年版が登場。より高出力になったAndroid DAP、今ならCA02アダプタもらえる

Android DAP、iBasso DX160の2020年バージョンが発売されました。


高出力 & JDI製パネルに変更

iBasso DX16はAndroid 8.1を搭載したDAPです。

これまでのモデルでは5インチ FHD SHARP製パネルが使用されていたのですが、2020年モデルでは5インチ FHD JDI製パネルへと変更されました。わざわざ告知するということは部品的にはアップグレードされているのだと思いますが、コントラスト比や輝度については特に言及されていません。

DX160

また、3.5mmイヤホンジャックはCTIA対応となり、マイク内蔵イヤホンに対応するようになりました。

DX160は最大32-Bit/384kHzのPCMやDSD256のデコーディングが可能で、3.5mmシングルエンドと4.4mmバランスのデュアルポートとなっています。

Bluetooth 5.0でコーデックはLDACやaptXに対応しています。

DX160

USB Type-Cポートを採用しており、USB DACモードで使うこともできます。

バッテリーは音楽再生が13時間可能な3200mAhで、USB PDやQuick Charge 2.0/3.0にて高速充電できます。他のスマートフォンやノートPCと同じ充電器を使い回せるので良いですね。

DX160

カラーは赤、青、黒、シルバーの4色が用意されています。

DX160

黒は3月31日、他の色は4月11日以降に発送開始されます。価格は前モデルと変わらない$399.99で販売されています。

DX160についてレビューしたり感想をシェアした後support@hifigo.comにメールすると、2.5mmバランス (メス) to 4.4mmバランス (オス) の変換アダプター、iBasso CA02を無料でもらえます。

iBasso DX160 2020

はてブ Pocket Mastodon タイトルとURLをコピー

カテゴリ:
コメントフォーム右上の「ログイン」メニューで各種SNSアカウントでログインできます。
匿名でコメントしたい場合は、名前とメールアドレスを入力した後「アカウントを作成せず投稿する」にチェックを入れてください。Disqusに登録すると、返信通知を受け取れます。

当サイトで紹介するMODやアプリなどの内、システムファイルの改変やシステムに深く関わるものはroot化やリカバリが必須となります(root化の必要なしと明記している場合は除く)。導入は自己責任で行ってください。また、技適の無い機器の使用は自己責任です。