FiiO Control – FiiO製Bluetooth機器専用アプリ登場。FiiO MusicなしでDACやイコライザ調整可

この記事の賞味期限は切れています。掲載内容や情報が古い可能性があります。

Fiio LC-BT2

FiiOよりBluetooth機器専用アプリ、FiiO Controlがリリースされました。


Musicアプリから分離

これまでFiiO製Bluetooth機器、例えばネックバンド型Bluetoothケーブル FiiO LC-BT2や音楽プレイヤーBTR3Kといった製品の細かな設定を変更するのはFiiO Musicアプリをインストールした上で設定画面を開かないといけませんでした。

この度リリースされたFiiO Controlを使えば、FiiO Musicをインストールすることなく素早く設定できるようになります。

FiiO ControlはGoogle PlayストアApp Storeにてダウンロードできます。Playストアだと名前が「飞傲蓝牙设备控制」になっていますが、インストールするとちゃんとFiiO Controlになります。

今のところFiiO Controlで使用できるのはBTR5、BTR3K、BTR3、EH3 NC、LC BT2、Q5s、Q5といった製品です。

FiiO Musicから切り離したとはいえちゃんと日本語化はされています。一部英語のままですが…。

LC-BT2の場合FiiO MusicではDAC動作モードの部分はなかったはずですが、FiiO Controlでは表示されています。

設定

Fiio Musicアプリでできていた設定は基本的にすべてできるようになっており、LC-BT2では使用するBluetoothコーデック選択などもできます。

コーデック

デジタルフィルターの設定もあります。

フィルター

FiiO Musicで音楽再生しない人に取ってはこちらのほうが使いやすいですし、良いですね。

はてブ Pocket Mastodon タイトルとURLをコピー

カテゴリ: ,
コメントフォーム右上の「ログイン」メニューで各種SNSアカウントでログインできます。
匿名でコメントしたい場合は、名前とメールアドレスを入力した後「アカウントを作成せず投稿する」にチェックを入れてください。Disqusに登録すると、返信通知を受け取れます。

当サイトで紹介するMODやアプリなどの内、システムファイルの改変やシステムに深く関わるものはroot化やリカバリが必須となります(root化の必要なしと明記している場合は除く)。導入はバックアップを取ってから自己責任で行ってください。また、技適の無い機器の使用は自己責任です。