RedMagic 5G、21日発売。6万円で5G/冷却ファン/PD 55W充電/144Hz/Sony 64MPカメラ

この記事の賞味期限は切れています。掲載内容や情報が古い可能性があります。

RedMagic 5G、21日発売。6万円で5G/冷却ファン/PD 55W充電/144Hz/Sony 64MPカメラ

もはや今期最強といっても過言ではないゲーミングスマホ、nubia RedMagic 5Gグローバル版が4月14日 17:00よりプレセール開始されます。


ゲームもカメラも最高クラスに

nubia RedMagic 5GはSnapdragon 865にX55 5Gモデムを搭載した、5G (SA + NSAデュアルモード) 対応ゲーミングスマホです。

超高速なLPDDR5メモリ搭載で、6.65インチ画面はリフレッシュレート144Hzとスマホ史上最高です。さらにゲームプレイで使いやすいショルダートリガー、最大15,000RPMの冷却ファンに55Wでの超急速充電、4500mAh大容量バッテリー搭載で、カメラもSony IMX686の64MPトリプルカメラにアップグレードされています。

nubia RedMagic 5G
OS Android 10
RAM 8GB/12GB
ストレージ 128GB/256GB UFS 3.0
プロセッサ Snapdragon 865 (+ Snapdragon X55 5Gモデム)
ディスプレイ 6.65インチ FHD+ 2340 x 1080
サイズ 168.56x78x9.75mm
重さ 218g
SIM Nano SIM
Dual SIM
メインカメラ 64MP (Sony IMX686) + 2MP (マクロ) + 8MP (超広角)
フロントカメラ 8MP
バッテリー 4500mAh
USB端子 USB Type-C (55W)

RedMagic 5GはEclipse Black (黒)、Hot Rod Red (赤)、Pulse (赤と青が半分ずつ) の三色です。中国版では透明版がありますが、グローバル版での発売予定は不明です。

6.65インチ AMOLED ディスプレイはリフレッシュレート144Hz、タッチサンプリングレート240Hzとゲーミングディスプレイの域に達しており、横持ちでプレイするときに持ちやすいようベゼルが残されています。

ディスプレイは100% DCI-P3、コントラスト比100,000:1です。

メモリは最大5500Mbpsの高速なLPDDR5で、最大12GBものメモリを搭載しています。Eclipse BlackとHot Rod Redは8GB+128GB、Pulseは12GB+256GB限定となっています。

RedMagic 5G

RedMagic初となる5G対応ですが、対応バンドは

  • 5G: NR n41/n78
  • GSM 2/3/5/8
  • WCDMA B1/2/4/5/8/19
  • CDMA/EVDO BC0/BC1
  • TD-LTE B34/B38/39/40/41
  • FDD-LTE B1/B2/B3/B4/B5/B7/B8/B20/B12/B17/B18/B19/B26

と前モデル同様幅広く、日本向けのプラチナバンドもばっちりカバーしています。

日本の5Gサービスではn78が使用可能です。

 

Red Magicシリーズおなじみの冷却ファンはTurbo Fan 3.0として最大15000RPMに改善されており、放熱性能がさらに高まっています。

PUBGを20分以上プレイした場合、冷却ファンをオンにすると右側のように全体的に冷えたままになるそうです。

PUBG

Snapdragon 865 + X55 5Gモデムで性能が高い分発熱も大きくなると思いますが、これなら安心ですね。

冷却ファン

ヒートパイプと空冷の合わせ技で強力に冷やしてくれるため、ゲームを長期間プレイしてもパフォーマンス低下を最小限に抑えられます。

冷却

AnTuTuベンチマークのスコアは633724と、Snapdragon 855 Plusの約496000から約13万も上がっています。


633724

サンプリングレート300Hzのショルダートリガーが搭載されており、好きなアクションを登録することでよりゲームプレイを快適にできるようになっています。

ドックと接続することで有線LAN接続することも可能ですが、RedMagic 5Gは最新規格 Wi-Fi 6やMU-MIMO対応のため無線でも十分高速かつ安定したプレイができると思います。

Dual SmartPA搭載のステレオスピーカーで、7.1chサラウンドDTS:X Ultraにも対応しています。また、バイブレーションも4D Shockへと強化されています。

ショルダートリガー

バッテリーは4500mAhと大容量で、55Wの超高速充電に対応しています。なんと15分で56%、30分で90%まで充電できるという驚異のスピードのため、充電し忘れても朝の空き時間ですぐ充電できてしまいます。

ちゃんとQuick Charge 4.0やUSB PD 3.0にも対応しているため、他のスマホやPC用の充電器でも高速充電できます。付属充電器は18Wで、55W充電にはPPS 11V/5A専用充電器を使わないといけないそうですが、独自規格ではなくPPSを使用しているため他社製USB PD 100W充電器を使い回せる可能性があります。はやく実機で確認したいところです。

充電ケーブルは横持ちの時にうれしいL字型です。ケーブルが邪魔になりにくいので良いですね。

【追記】
担当者に確認したところ、55W充電器はグローバルストアでは販売予定はないとのことでした。AliExpressのほうの公式ストアまたは別ストアで買うほかありません。

55W充電

背面カメラは64MP (Sony IMX686) + 2MP (マクロ) + 8MP (超広角)のトリプルカメラです。

他社は少しでも安くしようとSamsung製センサーで64MPを実現していますが、Sony IMX686のほうが暗所性能やディテールに優れていますし、ゲーミングスマホでありながらも普段の写真撮影も綺麗にできるというのは嬉しいですね。

64MP

グローバル版8GB+128GBは$579 (約6.3万円)、12GB+256GBは$649 (約7万円) で購入できます。

RedMagic 公式ストアは日本への直送もしてくれるようになっているため、わざわざ他の小売から買わなくても最初から定価で購入できます。

公式ストアではUSB PD 55W充電器が発売されていないのですが、AliExpressのほうの公式ストア別のストアでは販売されています。USB PDでは5, 9, 12, 15V / 3A、PPSで3.3-11V / 5A対応とのことです。

RedMagic 5G

AliExpress

はてブ Pocket Mastodon タイトルとURLをコピー

カテゴリ:
コメントフォーム右上の「ログイン」メニューで各種SNSアカウントでログインできます。
匿名でコメントしたい場合は、名前とメールアドレスを入力した後「アカウントを作成せず投稿する」にチェックを入れてください。Disqusに登録すると、返信通知を受け取れます。

当サイトで紹介するMODやアプリなどの内、システムファイルの改変やシステムに深く関わるものはroot化やリカバリが必須となります(root化の必要なしと明記している場合は除く)。導入はバックアップを取ってから自己責任で行ってください。また、技適の無い機器の使用は自己責任です。