AfterShokz、テレビと繋げてすぐ使える骨伝導ヘッドホン発売。26gでaptX対応、テレワークにも

AfterShokz、テレビと繋げてすぐ使える骨伝導ヘッドホン発売。26gでaptX対応、テレワークにも

AfterShokzより、テレビ用トランスミッター付き骨伝導ワイヤレスヘッドホンが発売されました。


軽量26g、aptX対応で低遅延

AfterShokzは骨伝導ヘッドホンで有名なブランドですが、これまでの製品ではスマートフォン向けが多い印象でした。

今回発表された AS801-ABT01 はTV用のトランスミッターが付属しており、TVと接続するだけで音声を楽しめるようになっています。

骨伝導ワイヤレスヘッドホン

トランスミッターはペアリング済みのため、開封してTVに繋ぐだけで音が聞こえるようになります。

トランスミッターはテレビのS/PDIF出力、RCA、3.5mmステレオミニジャック出力に対応しており、USB接続すればPCでもDACとして使用できます。

ヘッドホン側はaptXまでの対応ですが、トランスミッター側はより低遅延なaptX Low Latency対応です。aptX LL対応イヤホンがあれば操作がシビアなゲームでも遅延無く楽しめます。

トランスミッター

基本的にはAeropexがベースとなっているのですが、なんと本製品ではaptXに対応しており、より高音質・低遅延 (低レイテンシー) で聞けます。

aptX

Bluetooth 5.0対応で送信距離最大30mなので、隣の部屋など少し離れた場所でもクリアに聞こえます。

TV

骨伝導ヘッドホンというと音漏れが気になることが多いですが、AfterShokz製品では数々の技術により音漏れが最小限に改善されています。

TVの音声を自分だけに聞こえるようにできるため、家族がリモートワーク・在宅勤務でリビングにいるときでも邪魔することなくTVを楽しめます。耳を塞がないため、周囲の音も聞きやすくなっています。

逆に自分がリモートワークでビデオ通話したい、というときでもPCにペアリングすれば使えます。マイクはノイズキャンセリング機能付きで、周囲の雑音・ノイズを打ち消してくれるため、クリアに聞こえます。

 

私は実際にリモートワーク中のビデオ通話をAeropexでしていますが、声がクリアに聞こえると好評でした。テレワークと聞いてウェブカメラを買う人は多いですが、意外とマイクには無頓着な人が多いので、会議で雑音混じりになってしまわないようにするためにもAfterShokz AS801はおすすめです。

また、ヘッドホン自体の重さがたったの26gと軽量で、耳に入れない形状のため長時間付けていても耳が痛くなりにくい、というメリットもあります。

自分だけに聞こえる

充電はマグネットケーブルで行います。専用ケーブルを使う必要はありますが、ケーブルをいちいち挿さなくても済むので楽です。防水防汗仕様のため、スポーツ・エクササイズでも使いやすいです。

一度の充電で8時間の連続再生が可能です。

マグネット

高性能なマイクと軽量さでテレワークに便利ですし、耳を塞がず環境音が聞こえるためランニング・ジョギングといった外出時にも使いやすい一台です。

2020/04/21現在、26,268円で販売されています。

Amazonで購入する

はてブ Pocket Mastodon タイトルとURLをコピー

カテゴリ:
コメントフォーム右上の「ログイン」メニューで各種SNSアカウントでログインできます。
匿名でコメントしたい場合は、名前とメールアドレスを入力した後「アカウントを作成せず投稿する」にチェックを入れてください。Disqusに登録すると、返信通知を受け取れます。

当サイトで紹介するMODやアプリなどの内、システムファイルの改変やシステムに深く関わるものはroot化やリカバリが必須となります(root化の必要なしと明記している場合は除く)。導入は自己責任で行ってください。また、技適の無い機器の使用は自己責任です。