Vivo iQOO Z1、144Hz & 5Gを4.2万円で。44W充電に4500mAhバッテリー、48MPトリプルカメラ

Vivo iQOO Z1

激安5Gスマホ、Vivo iQOO Z1がAliExpressやGIZTOPで販売開始されています。


格安でも多バンド対応

Vivo iQOO Z1は4.2万円~という安さながらも、最新の5Gに対応しています。

対応バンドは

  • 5G: n1/n3/n41(2515-2675MHz)/n77(3300-3600MHz)/n78(3300-3600MHz) /n79(4800-5000MHz)
  • 4G TDD-LTE:B34/B38/B39/B40/B41(2515-2675MHz)
    4G FDD-LTE:B1/B2/B3/B4/B5/B8/B18/B19/B25/B26
    4G+:B1/B3/B38/B39/B40/B41
  • 3G WCDMA:B1/B2/B4/B5/B8
    3G CDMA2000:800MHz/1900MHz
  • 2G GSM:850MHz/900MHz/1800MHz/1900MHz
    2G CDMA:800MHz/1900MHz

となっており、5G n77/n78やLTE B19といった日本でも使えるバンドに幅広く対応しています。

また、最大1.2GbpsのWi-Fi 6にも対応しています。

 

さらにディスプレイはなんと144Hzリフレッシュレート対応と、ゲーミングスマホ並のスペックを持っています。

6.57インチのパンチホールディスプレイなので左上部分が見にくいですが、他社ハイエンドモデル並のベゼルレスデザインになっています。

サイズは163.97 x 75.53 x 8.93mmで重さ194.78gとなっています。

Vivo iQOO Z1

バッテリーは4500mAhと大容量で、なんと44Wもの超高速充電に対応しています。

0%から50%まで23分、100%まで59分というトンデモ速度で充電できるので、充電し忘れたときでもちょっとの充電で一日中使えます。

USB Type-Cポートの横には3.5mmイヤホンジャックも搭載しており、有線での遅延のない音楽再生が可能です。

BluetoothではSBC・AAC・aptX HD・LDACコーデックに対応しています。

4500mAh

背面には48MP+8MP+2MPのトリプルカメラを搭載しています。

112°超広角撮影や4cmマクロ撮影が可能です。

トリプルカメラ

搭載しているSoCはMediaTek Dimensity 1000+です。…「はいはい、低性能なMediaTekね」と思ったら大間違い。

MediaTek Dimensity 1000+ではAnTuTuベンチマークスコア536683をたたき出しており、Snapdragon 865に迫るパフォーマンスを持っています。

Snapdragon 865を搭載した10万円のOnePlus 8 Proがスコア576129ですし、半額以下で同じぐらいの性能というのは恐ろしいですね。

メモリは6GB/8GB LPDDR4X、ストレージは128GB/256GB UFS2.1です。

 

Multi-Turbo 3.5・液冷技術により効率的に冷やしてくれるため、ゲームをしていても高パフォーマンスな状態が長続きします。

液冷

安めの5Gスマホが欲しい、144Hzリフレッシュレートを試してみたいという方はVivo iQOO Z1を買ってみてはいかがでしょうか。

Vivo iQOO Z1は約4.2万円~で購入できます。GIZTOPではクーポンIQZ20にて$20オフで購入できます。

GIZTOP

AliExpress

はてブ Pocket Mastodon タイトルとURLをコピー

カテゴリ:
コメントフォーム右上の「ログイン」メニューで各種SNSアカウントでログインできます。
匿名でコメントしたい場合は、名前とメールアドレスを入力した後「アカウントを作成せず投稿する」にチェックを入れてください。Disqusに登録すると、返信通知を受け取れます。

当サイトで紹介するMODやアプリなどの内、システムファイルの改変やシステムに深く関わるものはroot化やリカバリが必須となります(root化の必要なしと明記している場合は除く)。導入は自己責任で行ってください。また、技適の無い機器の使用は自己責任です。