XDA、ぼくのかんがえたさいきょうのスマホ「XDA Labphone」を発表

この記事の賞味期限は切れています。
投稿から1年以上経過しているため、情報が古い可能性があります。

当サイトで紹介するMODやアプリなどの内、システムファイルの改変やシステムに深く関わるものはroot化やリカバリが必須となります(root化の必要なしと明記している場合は除く)。導入は自己責任で行ってください。また、技適の無い機器の使用は自己責任です。

XDA Labphone

XDAがハイスペックなスマートフォン、「XDA Labphone」を発表しました。


XDA Labphoneのスペック

XDA LabphoneXperia X Performance (比較用)
メモリRAM 4GB/ROM 32GB
※32GBは開発用で、内部ストレージ容量は別
RAM 3GB/ROM 32GB
プロセッサQualcomm Snapdragon 820 (MSM8996)
ディスプレイ5.5インチ WQHD(1440×2560)5インチ FHD(1920×1080)
メインカメラ23MP12.3MP
バッテリー4,500mAh2,700mAh

ストレージは複数のカスタムROMをインストールして起動できるよう、
内部ストレージとは別に32GB搭載していて、特製のTWRPでRemix OSを
インストールしてHDMI接続するといったことも可能だとしています。

さらにアップデートはNexus向けの配信後14日以内にAromaインストーラ
を使える状態で配布するとされています。

本当に発売されたら売れること間違いなしのスペックですね。

もちろんエイプリルフールです

そんな夢のスマートフォン「XDA Labphone」ですが、
もちろん実際に販売されるようなことはないでしょう。

証拠としては、AnTuTuベンチマーク結果に表示されている
QRコードを読み込むとOnePlus One A0001の結果になる、
公開されているカーネルソースがSnapdragon 810 (msm8994)
用のものである、といったことがあります。

せっかくネタを作り込むなら細かいところまでこだわって欲しかったです…。
さすがにこれをエイプリルフールのネタと分からずに
信じてしまい記事にするようなサイトはないでしょう。

開発と発送が遅れてばかりのSaygus V SQUAREDを見ると
分かるように、ハイスペックなスマートフォンの製造には
かなりの資金と管理能力、開発力が必要です。

マニアしか分からないようなスペックだとそれほど売れないでしょうが、
どこかの企業に「XDA Labphone」のような夢のある
ハイスペックスマートフォンを作ってもらいたいものです。


Sony Mobile Communicationsのスマートフォン、Xperia向けのカスタマイズや便利なツールを紹介しています。OnePlus 3T A3010とXperia XZ F8332を使用中で、Androidアプリも開発しています。

Twitter: @AndroPlus_org

コメントフォーム右上の「ログイン」メニューで各種SNSアカウントでログインできます。
匿名でコメントしたい場合は、名前とメールアドレスを入力した後「アカウントを作成せず投稿する」にチェックを入れてください。
Disqusに登録すると、返信通知を受け取れます。