Rakuten Miniには対応バンドが違うロットが存在?製造時期によりLTE B1などに差が

Rakuten Miniには対応バンドが違うロットが存在?製造時期によりLTE B1などに差が

1円で購入できるeSIM端末 Rakuten Mini ですが、製造時期によって対応バンドが異なっている場合があるようです。


IIJmioのeSIMに影響する恐れも

2020年6月17日まで開催されているRakuten UN-LIMIT 2.0のキャンペーンでは、新規契約・MNPすることでRakuten Miniが1円で購入できます。

超軽量79.4g・手のひらに収まるサイズで防滴防塵におサイフケータイ対応、とサブ用途にぴったりなため家族の分も契約したのですが、対応バンドが違う個体が届きました。

ロット違い

Rakuten Miniの対応バンドは公式サイトによると

  • LTE(FD):
    Band 1 (2.1GHz) / Band 3 (1.8GHz) / Band 18 (800MHz) / Band 19 (800MHz) / Band 26 (800MHz) / Band 28 (700MHz APT)
  • TD-LTE:
    Band 41 (2.5GHz)
  • WCDMA:
    Band I (2.1GHz) / Band VI (800MHz) / Band X IX (800MHz)

で、最初に届いたクリムゾンレッドで確認した、Activity Launcherなどで開けるEngineering ModeのBand Modeで表示される対応バンドと合致していました。WCDMAはB10ではなくB5になっていますが…。

Band Mode

しかし今回届いたナイトブラックの個体ではWCDMA 1がWCDMA 4に、LTE B1の代わりにLTE B4があるなど、一部のバンドが異なっています。

Rakuten UN-LIMITではLTE B3・LTE B18・LTE B26ぐらいしか使われないので問題ないですが、IIJmioのeSIMなどドコモ網を利用する他社eSIMサービスを使おうとしたときに、適したバンドで接続できない可能性があります。

LTE B1なし

Engineering ModeのModem Infoを見比べてみると、LTE B1がある個体は2019年12月24日製、LTE B1がない個体は2020年4月18日製となっています。

また、ConfigのMetaがLTE B1がある個体ではRakuten_Japan_Commercial・QcVersionが551f05になっているのに対して、ない個体ではROW_Commercial・80105になっています。(これはeSIMを入れると変わりました)

Modem Info

LTE B1がBand Modeにある個体では、携帯電話情報にてEARFCN 276 = LTE B1を検出していることを確認出来ましたが、同じ場所でもLTE B1がない個体ではLTE B1を確認出来ませんでした。

LTE B1

LTE B1がある個体はC330AE_9.0_RMN_JP_55_SSが、LTE B1がない個体はC330AE_9.0_RMN_JP_65_SSがプリインストールされていました。

ユーザー側としてはハズレ個体が来ないことを祈るしかありません。

【06/10追記】
「仕様変更」という最悪の方法で解決ということにされました。しかし、訂正されたのはLTEのみで、WCDMA 1がWCDMA 4になっていることについては何も書かれていません。

はてブ Pocket Mastodon タイトルとURLをコピー

カテゴリ:
コメントフォーム右上の「ログイン」メニューで各種SNSアカウントでログインできます。
匿名でコメントしたい場合は、名前とメールアドレスを入力した後「アカウントを作成せず投稿する」にチェックを入れてください。Disqusに登録すると、返信通知を受け取れます。

当サイトで紹介するMODやアプリなどの内、システムファイルの改変やシステムに深く関わるものはroot化やリカバリが必須となります(root化の必要なしと明記している場合は除く)。導入は自己責任で行ってください。また、技適の無い機器の使用は自己責任です。