Xiaomi Redmi Note 9Sレビュー。激安2万円台なのに高性能 & 5020mAhバッテリー

Xiaomi Redmi Note 9Sレビュー。激安2万円台なのに高性能 & 5020mAhバッテリー

日本でも発売されるXiaomi Redmi Note 9S。DHGateで購入したグローバル版が届いたのでレビューします。


格安でもS835級の性能と大容量バッテリー

Xiaomi Redmi Note 9Sは2万円台という激安価格でありながらも、MediaTek SoCを搭載する他社とは違い普段使いに申し分ない性能のSnapdragon 720G・4~6GB RAMを搭載しています。

720Gはミドルレンジとはいえ、Snapdragon 835に匹敵するほどの性能を持っており、5020mAhの大容量バッテリーと合わさることで快適に一日中使えるようになっています。

Xiaomi Redmi Note 9S
OS Android 10
RAM 4GB/6GB
ストレージ 64GB/128GB
microSDカード対応
プロセッサ Snapdragon 720G
ディスプレイ 6.67インチ FHD+ (2400 x 1080)
サイズ 約165.75 x 76.68 x 8.8mm
重さ 209g
SIM nano SIM + nano SIM
メインカメラ 48MP + 8MP (超広角) + 5MP (マクロ) + 2MP (深度)
フロントカメラ 16MP
バッテリー 5020mAh
USB端子 USB Type-C (9V/2A)

(詳細はこちら)

 

Redmi Note 9Sには充電器、USB Type-A to Type-Cケーブル、ソフトケースなどが付属しています。

グローバル版なのでEUプラグですが、日本版は当然USプラグになります。

箱

2万円台のスマホとは思えないベゼルレスデザインです。

6.67インチ FHD+ディスプレイは視野角や発色が良く、格安端末でありがちな荒っぽさは感じられません。

ベゼルレス

保護フィルムは表面・裏面ともにミヤビックスさんに作成していただきました。

OverLay Plusだと反射防止が強力で、指紋も付きにくくさらっとした手触りになるため、かなり快適に操作できます。

Redmi Note 9Sはドット型のノッチを搭載しています。

保護フィルムもノッチに合わせてぴったりサイズで作られています。

ドットノッチ

ちなみにノッチはステータスバーを黒く塗りつぶして隠すことも出来ます。

元から画面が大きいので、ステータスバーを動かして隠したとしてもあまり狭く感じません。

ノッチ

アプリ毎にノッチを常に表示するかも選べます。

ノッチ

 

前面はほとんど曲面になっていないので端から端までカバーできるのですが、背面はカーブしているため曲面対応フィルム以外では中央部分しかカバーできません。

水色っぽく映っていますが、実際にはもう少し緑色に近い水色 ███ です。

背面

大容量で急速充電対応バッテリー

Redmi Note 9Sは格安スマホでありながらもUSB Type-Cポートを搭載しています。

USB Type-Cポート搭載端末だと3.5mmイヤホンジャックが廃止されがちですが、Redmi Note 9Sにはちゃんと搭載されているため、変換アダプターなしで有線イヤホンを使えます。

USB Type-C

5,020mAhという大容量バッテリーを搭載しつつ、18Wの急速充電 (Quick Charge・USB PD対応) なので素早く再充電できます。Innergie PowerGear 60Cにて8.9V/1.76Aで充電できることを確認しました。

元々SnapdragonはMediaTekより低消費電力なのとMIUIの省電力機能が合わさり、Wi-Fi等をオンにしっぱなしでもバッテリーの減りは緩やかです。

急速充電対応

ロック解除しやすい側面指紋認証

Redmi Note 9Sでは流行の画面内指紋認証センサーではなく、側面の指紋認証センサーを採用しています。

電源ボタンを兼ねており、握ったときの動作で指紋認証しやすいので、理に適った配置と言えます。

物理的な指紋認証センサーにすることで、カスタムロムでも簡単に対応できるというメリットもあります。

側面の指紋認証センサー

指紋認証するタイミングは「ボタンを触ったとき」か「ボタンを押したとき」かを設定で選べます。

指紋認証はロック解除だけでなく、アプリ毎にロックできる「アプリロック」や「プライバシーパスワード」でも使用できます。

指紋認証センサー

なお、指紋認証のほかに顔認証もできますが、赤外線センサーがないので2Dのみとなっています。

顔認証

48MPクアッドカメラ

Redmi Note 9Sの背面には48MP + 8MP (超広角) + 5MP (マクロ) + 2MP (深度)のクアッドカメラが搭載されています。

前面と背面はシンメトリーデザインにこだわっているようで、中央に配置されています。

背面カメラ

2万円台のスマホでは、暗く映ったり白飛びしたりするようなメモ用途ぐらいでしか使えないカメラが搭載されていることが多いですが、Redmi Note 9Sのカメラは十分実用的です。

夜景こそ微妙ですが、最適化された非公式GoogleカメラならPixelシリーズと遜色ない写真になると思います。

撮影した写真はこちらに保存しています。

花

LED照明の下での撮影でも特に色味がおかしくならず、見たままの色になっています。

焼き鳥

マクロモードでは 最短2cmまで寄れます。

マクロ

DSDSと容量拡張を両立

Redmi Note 9Sは4GB RAM + 64GBストレージまたは6GB RAM + 128GBストレージですが、microSDカードで容量を増やすことも出来ます。

なんとnano SIM 2枚とmicroSDカードを同時に挿せるスロットになっているので、Dual SIM Dual Standbyと容量拡張を両立出来ます。

グローバル版では対応バンドは

GSM: B2/3/5/8
WCDMA: B1/2/4/5/8
TDD LTE: B38/40
FDD LTE: B1/2/3/4/5/7/8/20/28

ですが、日本版では

GSM: B2/3/5/8
WCDMA:B1/2/4/5/6/8/19
TDD LTE:B38/40/41
FDD LTE:B1/2/3/4/5/7/8/18/19/20/26/28

に強化されています。しかもDual SIMなのは変わらず、です。

ネットワーク面ではWi-Fi 2.4GHz & 5GHz・802.11a/b/g/n/ac、Bluetooth 5.0対応と格安ながらもケチられていません。

DSDS

かゆいところに手が届くOS

Redmi Note 9Sに搭載されているOSはAndroid 10ベースのMIUIです。

省電力機能が強力で、除外対象に設定しておかないとすぐバックグラウンドのアプリが終了されてしまうというクセはありますが、機能面ではかなり充実しています。

「ボタンのショートカット」ではボタン長押しでの画面オフや、ライトの点灯などが設定できます。

ボタン

画面オフ中にダブルタップでスリープ解除するジェスチャーや、ポケットに入れているときの誤操作を防ぐポケットモード等も搭載されています。

ロック画面

一台でアプリのデータを複数使い分けできるセカンドスペース・デュアルアプリや、アプリを開く際にパスワードを尋ねるよう設定できるアプリロックなど、セキュリティと使い勝手をアップできる機能も取りそろえられています。

デュアルアプリ

充電や通知をお知らせしてくれる通知ライトもあります。

上部スピーカーに白く小さいライトが出るだけなので少し分かりにくいですが…。

通知ライト

ディスプレイの色合いについては、コントラストや色温度を変更できるようになっています。

画面を暖色にする読書モードもありますし、好みに合わせた表示が出来るのは良いですね。

色合い

また、ゲーム用にパフォーマンス調整する機能も搭載されています。

リソースを指定したゲームアプリに優先させるようにしたり、ゲーム中のボタン操作を制限して誤操作を防止したりできます。

ジェスチャー

アプリ毎にタッチレスポンスや連続タップの感度を調整することも出来ます。

ベゼルレスな分横持ちだと画面を誤って触ってしまいがちですが、「タッチ耐性エリア」を使えば軽減できます。

タッチ

S835と同程度の性能

2万円台という安さでありながらも、Snapdragon 720Gの性能は一昔前のハイエンドSoC、Snapdragon 835と同程度です。

AnTuTuベンチマークでのスコアは274051でした。温度も2.4℃の上昇で、最大38.4℃となっています。

AnTuTu

ストレージはeMMCより高速なUFS 2.1が採用されており、AndroBenchではシーケンシャルリード499MB/s・シーケンシャルライト214MB/sでランダムリード131MB/s・ランダムライト113MB/sと高速です。

AndroBench

 

Redmi Note 9Sは2万円台と破格でありつつも普段使いで突っかかりを感じさせない高いパフォーマンスと一日中使える大容量バッテリーを搭載しているため、「安くて性能が良いスマホが欲しい」「別に3Dゲームはしないからそこそこで良い」という方におすすめです。

DHGateでは7/8現在、4GB RAM版がクーポンDHAll160にて本体約1.7万円、DHL送料込みで19,761円と超激安価格で販売されています。

Redmi Note 9S

カメラを64MPにアップグレードしたRedmi Note 9 Pro 6GB+128GBであればクーポンDHN9P128にて約2.6万円で購入できます。

Redmi Note 9 Pro

はてブ Pocket Mastodon タイトルとURLをコピー

カテゴリ:
コメントフォーム右上の「ログイン」メニューで各種SNSアカウントでログインできます。
匿名でコメントしたい場合は、名前とメールアドレスを入力した後「アカウントを作成せず投稿する」にチェックを入れてください。Disqusに登録すると、返信通知を受け取れます。

当サイトで紹介するMODやアプリなどの内、システムファイルの改変やシステムに深く関わるものはroot化やリカバリが必須となります(root化の必要なしと明記している場合は除く)。導入は自己責任で行ってください。また、技適の無い機器の使用は自己責任です。