basebandをFlashtoolではなくzipで焼く方法

この記事の賞味期限は切れています。
投稿から1年以上経過しているため、情報が古い可能性があります。

当サイトで紹介するMODやアプリなどの内、システムファイルの改変やシステムに深く関わるものはroot化やリカバリが必須となります(root化の必要なしと明記している場合は除く)。導入は自己責任で行ってください。また、技適の無い機器の使用は自己責任です。

kernelやsystemがzipで焼けるならbasebandも同じ方法で焼けるのでは、と思ってやってみたところ成功しました。
ただ、Flashtoolで純正の.sinのデータを抽出しようとするとフリーズするので、
すでにbasebandを焼いてある端末から取り出さないといけない、という残念な結果になっています。
使い道といえば例のツールでプラスエリア対応にしたbasebandをバックアップするぐらいです。
まず、端末からbasebandのファイルを取り出します。

dd if=/dev/block/platform/msm_sdcc.1/by-name/modemst1 of=/mnt/sdcard/modemst1.img
dd if=/dev/block/platform/msm_sdcc.1/by-name/modemst2 of=/mnt/sdcard/modemst2.img
dd if=/dev/block/platform/msm_sdcc.1/by-name/fsg of=/mnt/sdcard/fsg.img

次に、このzipをダウンロードします。
※最初から入っているファイルはZ1 C6903 .681をプラスエリア対応したbasebandです。
先ほど端末から取り出した、
modemst1.img、modemst2.img、fsg.imgの三つを
zipファイルに元から入っているファイルを上書きする形で追加します。
このzipのupdater-scriptでは

package_extract_file(“modemst1.img”, “/dev/block/platform/msm_sdcc.1/by-name/modemst1”);
package_extract_file(“modemst2.img”, “/dev/block/platform/msm_sdcc.1/by-name/modemst2”);
package_extract_file(“fsg.img”, “/dev/block/platform/msm_sdcc.1/by-name/fsg”);

というようにそれぞれを対応した領域に書き込むようになっています。
ファイルを追加したら、リカバリでインストールできるzipの完成です。
ちなみに、zipで焼ける領域はadb shellで
ls -l /dev/block/platform/msm_sdcc.1/by-name
と入力した結果とFTFの中身のファイル名を見比べるとだいたい分かります。


Sony Mobile Communicationsのスマートフォン、Xperia向けのカスタマイズや便利なツールを紹介しています。Xperia X PerformanceとZ4 Tabletを使用中で、Androidアプリも開発しています。

Twitter: @AndroPlus_org

コメントフォーム右上の「ログイン」メニューで各種SNSアカウントでログインできます。
匿名でコメントしたい場合は、名前とメールアドレスを入力した後「アカウントを作成せず投稿する」にチェックを入れてください。
Disqusに登録すると、返信通知を受け取れます。