TaoTronics サウンドバーTT-SK028レビュー。USB給電で6Wスピーカー、Bluetooth接続も

TaoTronics サウンドバーTT-SK028レビュー。USB給電で6Wスピーカー、Bluetooth接続も

TaoTronics様よりサウンドバーTT-SK028をご提供いただきました。


小型でもパワフル

TaoTronics TT-SK028は6ユニット搭載・合計6W出力のPCサウンドバーです。

名称にPCとは付いていますが、3.5mmイヤホンジャックとBluetooth接続対応なので、PC以外でもスマホやテレビでも使用できます。

TaoTronics TT-SK028

3.5mmオーディオケーブルのほか、説明書等が付属しています。

付属品

  • フルレンジスピーカー 2基
  • パッシブラジエーター 2基
  • ツイーター 2基

の6ユニット構成で、合計6W出力となっています。

6ユニット

USB給電なのでACアダプターは不要です。USBケーブルは取り外せないようになっています。

電源を切る場合はケーブルを抜かないといけません。

私の環境だとPCやテレビのUSBポートでも動作しましたが、古い機器の場合などは出力が足りずノイズが出ることがあるそうです。その場合は別途USB充電器を使いましょう。

付属の3.5mmオーディオケーブルをAUX INに挿して、もう一方をPCやスマホに接続すれば有線で再生できます。

USB給電

音量はノブで調整しますが、無段階で調整できるわけではありません。

Xiaomi サウンドバーと比べると最小音量が大きめで、音量を小さめにしていてもまだ大きく聞こえるぐらいでした。

音量10→9の間での変化が大きいので、小さめの音で聞きたい人には向いていないかもしれません。その代わり、大音量で楽しみたい人にとっては小型ながらもかなりパワフルで満足できると思います。

音量ノブはボタンも兼ねており、押すことで再生・一時停止や電話の応答・拒否もできます。

音量

底面には滑り止めのゴムがあるため、位置がずれる心配がありません。

背面

技適マークもしっかり🅁 204-B00046と入っています。

技適

音量ノブを2回押すことでBluetoothのオンオフが可能です。

Bluetoothモードだと前面のLEDが点灯します。

残念ながら対応コーデックはSBCのみですが、十分きれいな音でした。

Bluetooth

高音もしっかり出ており、TVにつないで使うと内蔵スピーカーよりもくっきり聞こえました。特にテレビは背面や下側にスピーカーが付いていることが多いですし、手軽にスピーカーをアップグレードするにはTaoTronics TT-SK028はおすすめです。

コンパクトな分低音が少し弱く感じますが、3千円台ということを考えれば十分だと思います。

TV

TaoTronics TT-SK028は3,999円で購入できます。 

TaoTronics TT-SK028を購入

はてブ Pocket Mastodon タイトルとURLをコピー

カテゴリ:
コメントフォーム右上の「ログイン」メニューで各種SNSアカウントでログインできます。
匿名でコメントしたい場合は、名前とメールアドレスを入力した後「アカウントを作成せず投稿する」にチェックを入れてください。Disqusに登録すると、返信通知を受け取れます。

当サイトで紹介するMODやアプリなどの内、システムファイルの改変やシステムに深く関わるものはroot化やリカバリが必須となります(root化の必要なしと明記している場合は除く)。導入は自己責任で行ってください。また、技適の無い機器の使用は自己責任です。