OneGx1ポータブルゲーミングPC予約受付開始へ。i5-10210Y、Wi-Fi 6、12,000mAhバッテリー

OneGx1ポータブルゲーミングPC予約受付開始へ。i5-10210Y、Wi-Fi 6、12,000mAhバッテリー

ポータブルゲーミングPC、ON-NETBOOK OneGx1の予約受付が6/29より開始されます。


強力な冷却機能と大容量バッテリー

OneGx1は7インチ 1920×1200 IPS ディスプレイ搭載というコンパクトさながらも、第十世代 Intel Core i5-10210Yに8GBメモリ、256GB Micro PCle NVMe SSDストレージを搭載したゲーミングPCです。

本体サイズは173*136*21mm・重さ620gで、Windows 10 Homeを搭載しています。

Wi-Fi 6・802.11 ax対応のため、ルーター等が揃っていれば従来よりも高速な通信ができます。

OneGx1

後ろ側に大きな排気口が用意されており、デュアルファン・デュアル放熱パイプにより強力に冷却してくれます。

バッテリーはなんと12,000mAhとかなりの大容量です。OneMix 3 Proでは8,600mAhバッテリーで約6時間の電池持ちでしたが、さらに長く使えそうですね。

小型なボディでありつつもUSB3.0 x2、USB Type-C x1、3.5mm オーディオジャック x1、microSDカードスロット、HDMI x1と豊富なポートを搭載しています。

M.2 スロットもあるため、後付けでストレージを増やしたり、4G LTEモバイルデータ通信対応にさせたりすることもできます。

4G対応版では、

  • LTE-FDD:B1/B3/B8/B18/B19/B26/B28
  • LTE-TDD:B41
    Up to 2 x CA:B1+B1/B8/B18/B19/B26/B28;B3+B3/B8/B18/B19/B26/B28;B41+B41
  • WCDMA:B1/B3/B6/B8/B19

とかなり幅広いバンドに対応しており、他社とは違って日本市場への最適化がされているようです。

冷却機能

ゲーミングらしく、キーボードは1677万色で光ります。

光るキーボード

着脱式のコントローラを使うこともできます。Switchのようにコントローラをシェアして2人プレイすることもできます。

コントローラ

日本では代理店がテックワンAmazon RBHK(One-Netbookオフィシャルショップ) の2つがあります。Amazonでは8GB+256GB Wi-FI版が99,980円、最高構成の16GB+512GB 4G LTE版が127,500円となっており、7月31日発売予定です。

Amazonでは先着100名には着脱式コントローラが付いてくるので、お早めに。

6月30日 13時からはテックワン主催の日本での公式発表会もあります。

OneGx1を購入

GeekBuyingでは、16GB+512GB 4G版がクーポンGKBGx1164Gにて$1083.99 (さらに先着50名はコントローラ付き)、16GB+512GB Wi-Fi版がクーポンGKBGx116Wifiにて$1007.99で購入できます。

GeekBuyingで購入

はてブ Pocket Mastodon タイトルとURLをコピー

カテゴリ:
コメントフォーム右上の「ログイン」メニューで各種SNSアカウントでログインできます。
匿名でコメントしたい場合は、名前とメールアドレスを入力した後「アカウントを作成せず投稿する」にチェックを入れてください。Disqusに登録すると、返信通知を受け取れます。

当サイトで紹介するMODやアプリなどの内、システムファイルの改変やシステムに深く関わるものはroot化やリカバリが必須となります(root化の必要なしと明記している場合は除く)。導入は自己責任で行ってください。また、技適の無い機器の使用は自己責任です。