格安ゲーミングスマホRedMagic 5、日本上陸!公式サイトオープン、技適も取得【3%オフ】

格安ゲーミングスマホRedMagic 5、日本上陸!公式サイトオープン、技適も取得【3%オフ】

144Hzリフレッシュレート + Snapdragon 865 + LPDDR5搭載なのに約6.7万円で買えるゲーミングスマホ、nubia RedMagic 5がついに日本向けに販売開始されることになりました。


技適取得済み

nubia RedMagic 5 NX659JはSnapdragon 865にX55 5Gモデムを搭載した、5G (SA + NSAデュアルモード) 対応ゲーミングスマホです。

超高速なLPDDR5メモリ搭載で、6.65インチ画面はリフレッシュレート144Hzとスマホ史上最高です。さらにゲームプレイで使いやすいショルダートリガー、最大15,000RPMの冷却ファンに55Wでの超急速充電、4500mAh大容量バッテリー搭載で、カメラもSony IMX686の64MPトリプルカメラにアップグレードされています。

これまでも公式ストアでは日本に送ってもらうことは可能でしたが、ついに日本語公式サイトがオープンし、技適 (工事設計認証番号 211-200333取得や充電器へのPSEマーク追加も完了しました。

nubia RedMagic 5 NX659J
OS Android 10
RAM 8GB/12GB LPDDR5
ストレージ 128GB/256GB UFS 3.0
プロセッサ Snapdragon 865 (+ Snapdragon X55 5Gモデム)
ディスプレイ 6.65インチ FHD+ 2340 x 1080
サイズ 168.56x78x9.75mm
重さ 218g
SIM Nano SIM
Dual SIM
メインカメラ 64MP (Sony IMX686) + 2MP (マクロ) + 8MP (超広角)
フロントカメラ 8MP
バッテリー 4500mAh
USB端子 USB Type-C (55W)

(詳細はこちら)

144Hzディスプレイ

Red Magic 5は6.65インチ AMOLED ディスプレイを搭載しており、リフレッシュレート144Hz、タッチサンプリングレート240Hzとなっています。

ディスプレイ

World of Tanks Blitzで実際に試したところ、120FPSでプレイできました。

ゲーム側がようやく120Hzに対応してきた、という段階なので、144Hzをフルに使えるゲームはまだまだ少ないようです。PUBG MOBILEやMINECRAFTでは144Hzに対応しています。

120Hz

イヤホンジャック付き、有線映像出力も

RedMagic 5には、最近では廃止されがちな3.5mmイヤホンジャックもちゃんと搭載されています。

音楽ゲームなど遅延がプレイに悪影響を与える場合には有線のほうが良いですし、変換アダプターなしに使えるのは良いですね。

3.5mmイヤホンジャック

下部にはUSB Type-Cポート、スピーカー、SIMスロットがあります。

対応バンドは

  • 5G: NR n41/n78
  • GSM 2/3/5/8
  • WCDMA B1/2/4/5/8/19
  • CDMA/EVDO BC0/BC1
  • TD-LTE B34/B38/39/40/41
  • FDD-LTE B1/B2/B3/B4/B5/B7/B8/B20/B12/B17/B18/B19/B26

と前モデル同様幅広く、日本向けのプラチナバンドもばっちりカバーしています。

5Gバンドは海外向けなので、製品名がRed Magic 5GからRed Magic 5に変更されたようです。

日本公式ストアをオープンするに当たって技適も取得されています。(工事設計認証番号 211-200333)

USB Type-C

USB Type-C to USB Type-CケーブルUSB Type-C to HDMI変換ケーブル等を使ってモニターへ映像・音声出力することもできます。

無線だと途切れたり遅延が起きたりしますが、有線なら問題なく大画面でゲームや動画を楽しめます。ただし、DRM保護が掛かっているコンテンツは外部モニターには出力出来ません。

手持ちのディスプレイが60~75Hzまでしか対応していないので外部モニターで90Hz以上出せるのかは確認出来ていませんが、World of Tanks Blitzだと65FPSにはなっていました。

DP Alt Mode

また、有線LAN対応ハブを使えば有線接続することも可能です。残念ながら無線に比べてスピードは遅くなってしまいますが、安定したネット接続でプレイしたければ有線のほうが良いと思います。

有線

4500 mAhの大容量バッテリーはUSB PD・Quick Charge 4+に対応しており、9V/2Aの18W充電のほか、USB PD 100W充電器にて12V/2.5A = 30W充電も確認出来ました。

PPS 3.3-11V / 5A対応の充電器であれば55W充電できるのですが、電圧・電流がぴったり合っていないと有効にならないようで、Baseus GaN 65W 3ポート充電器のようなPPS 3.3-21V/3A充電器では18W充電にしかなりませんでした。

最高峰のパフォーマンス

まず144Hzリフレッシュレート・冷却ファン最大・CPU/GPUターボ オンの状態で計測したAnTuTuベンチマークでは、スコア 597638となりました。OnePlus 8 Proでは576129でしたが、CPUターボ等のおかげで少しスコアが高くなっているようです。

OnePlus 8 Proでは8℃上昇していたのに対してRed Magic 5では4℃の上昇に収まっており、冷却ファンの効果のほどがうかがえます。

597638

Red Magic 5は超高速なLPDDR5メモリ搭載で、A1 SD Benchでのベンチマーク結果ではRAMコピー速度 17580.02MB/s でした。

ストレージもUFS 3.0と高速なものを搭載しているため、アプリ起動や読み込みのスピードが速いです。

メモリ

 

RedMagic 公式ストアでは日本版8GB+128GBが$629 (約6.7万円)、12GB+256GBは$649 (約7万円) で購入できます。まだ日本円支払いには対応しておらず、ドル払いとなります。

8月19日までRedMagic 5 8GB+128GB Hot Rod Redカラーが読者限定クーポンAFFRED5-3%OFFにて、本体価格$610.13 (約6.5万円) で購入できます。

公式ストアでRedMagic 5を購入

はてブ Pocket Mastodon タイトルとURLをコピー

カテゴリ:
コメントフォーム右上の「ログイン」メニューで各種SNSアカウントでログインできます。
匿名でコメントしたい場合は、名前とメールアドレスを入力した後「アカウントを作成せず投稿する」にチェックを入れてください。Disqusに登録すると、返信通知を受け取れます。

当サイトで紹介するMODやアプリなどの内、システムファイルの改変やシステムに深く関わるものはroot化やリカバリが必須となります(root化の必要なしと明記している場合は除く)。導入は自己責任で行ってください。また、技適の無い機器の使用は自己責任です。