Echo Dot第3世代、5,980円→500円!お手頃スマートスピーカー、Music Unlimitedとセットで大特価1,280円

Echo Dot第3世代、5,980円→500円!お手頃スマートスピーカー、Music Unlimitedとセットで大特価1,280円

スマートスピーカー、Amazon Echo Dot第3世代がAmazon Music Unlimited個人プラン1か月分とセットでセール中です。


5,980円→500円の大特価

Echo Dot 第3世代はGoogle Homeより若干大きめなサイズの丸型スマートスピーカーです。

通常は5,980円となかなかの値段ですが、なんと今ならキャンペーンで実質たったの500円で購入できてしまいます。

Prime会員限定で、音楽聴き放題サービスAmazon Music Unlimitedの個人プラン1か月分とセット購入する (合計1,280円) ことでEcho Dotが500円で購入できる、というキャンペーンですが、Amazon Music UnlimitedはAmazon Music設定から簡単に自動更新を停止できるので、万が一「入ったはいいけど続けるほどではないな…」と感じてもすぐ止められます。

Amazon Music Unlimitedは6,500万曲以上、Prime会員特典であるPrime Musicでも200万曲が聴き放題になるので、音楽ストリーミングサービスをまだ使ったことがないという人にもおすすめです。

 

モノラル再生なのでステレオスピーカーに比べると音の広がりに欠けるところがありますが、低音がしっかり出ておりBGMとして音楽再生する分には十分なレベルです。筒状のEchoとは異なりコンパクトなため、スマートスピーカーを置いていることをあまり意識することもありません。

もちろんAlexa対応で、SwitchBotスマートプラグのようなスマートホーム製品と組み合わせることもできます。

Echo Dot

スピーカーのカバー部分はファブリック素材で、周囲に違和感なく溶け込みやすいデザインになっています。

スマートスピーカーを置くにあたっては「常に置いておくものなのにダサいのは嫌だ」と反対を受けることもありそうですが、Echo Dot 第3世代のデザインなら受け入れられやすいでしょう。

ファブリック

Echo Dotへの給電は付属の15W ACアダプタで行います。micro USBやUSB Type-Cでないので、ケーブルの長さを変えるなどができないのが少し残念です。長くしたい場合は延長タップが必要になります。

3.5mmステレオジャックもあり、有線での音楽再生が可能です。もちろんBluetooth接続にも対応しています。

15W

裏面は滑り止めのゴムがあり、多少押しても動かないようになっています。

技適

初期設定にはAndroid・iOSスマートフォンが必要で、AlexaアプリからWi-Fi接続を設定した後はEcho Dot単体で動作します。いちいちペアリングを待つ必要はありません。

 

ニュースや天気をしゃべってくれる機能やアラーム機能などいくつもスキルを搭載していますが、家族に好評だったのはやはり「音楽再生」でした。実はスマートフォンでもGoogleアシスタントなどを使えば同じようなことはできるのですが、スマホ操作に慣れていない人にとっては声を掛けたら何かしてくれる、というほうが扱いやすいようです。

自分では使わなさそうだし…という方も、家族へのプレゼント用に買ってみてはいかがでしょうか。

 

また、音楽だけでなくオーディブルでボイスブックを流しておく、というのも面白いかもしれません。書籍だと読む時間が無くても、オーディブルなら他の作業をしながらラジオを聴くかのように「流し読み」できます。

Echo Dotは二台買えばステレオ再生できるようセットアップできるので、より良い音質で聴きたい場合は別アカウントで買ってしまっても良いかもしれません。

以前も同様のキャンペーンが開催されていましたが、すでに購入済みの方や一度Music Unlimitedを解約済みの方でもキャンペーン対象です。

キャンペーンはいつ終わるか分からないので、お早めに。

Echo Dotを購入する

はてブ Pocket Mastodon タイトルとURLをコピー

カテゴリ:
コメントフォーム右上の「ログイン」メニューで各種SNSアカウントでログインできます。
匿名でコメントしたい場合は、名前とメールアドレスを入力した後「アカウントを作成せず投稿する」にチェックを入れてください。Disqusに登録すると、返信通知を受け取れます。

当サイトで紹介するMODやアプリなどの内、システムファイルの改変やシステムに深く関わるものはroot化やリカバリが必須となります(root化の必要なしと明記している場合は除く)。導入は自己責任で行ってください。また、技適の無い機器の使用は自己責任です。