英数字フォントも設定から簡単に変更可能な、Font Selectorが公開される

この記事の賞味期限は切れています。
投稿から1年以上経過しているため、情報が古い可能性があります。

当サイトで紹介するMODやアプリなどの内、システムファイルの改変やシステムに深く関わるものはroot化やリカバリが必須となります(root化の必要なしと明記している場合は除く)。導入は自己責任で行ってください。また、技適の無い機器の使用は自己責任です。

フォント選択

XperiFirmを開発していることで有名なIgorEisberg氏が、英数字フォントも変更可能なFont Selectorを公開しました。


Font Selectorとは、元々はXperia Z5シリーズの日本向けファームウェアにしか搭載されていない機能でした。

英数字が変えられず、変更できる5種類のフォントもあまり実用的と言えない上、フォントの追加も出来ないので役に立たなかったのですが、IgorEisberg氏が開発したFont Selectorは公式のFont Selectorと見た目は同等で、英数字の変更やフォントの追加などを簡単にできます。

TWRPでのインストール用ZIPはこのページでダウンロードできます。
Download Font Selector (No Icon)をダウンロードしてください。
※TWRPでインストールしても設定に出てこない場合、Download Font Selector (With Icon)をダウンロードしてやり直してみてください。ホームアプリにアイコンが出てきます。

フォントパックも追加したい場合、下にある
Download Biko Font Pack
Download Rosemary Font Pack
からそれぞれフォントパックをダウンロードできます。
フォントファイルとfonts.xmlが入ったapkなので、デコンパイルすれば簡単に自分好みのフォントパックを作成できます。

IgorEisberg氏が開発したFont SelectorはAndroid 5.0以降のファームウェアでのみ使えます。
また、署名チェックの無効化が必要です。

インストールすると、画面設定に「フォント」が出てきます。
ここでフォントを選ぶとダイアログが出るので、「再起動して変更」を押してください。
一部機種では再起動を選んでも動作しないようです。
今後の更新で修正されるかもしれません。

※下の画像は公式Font Selectorのものです。

変更ダイアログ

今後公式のFont Selectorでも英数字も反映されて自由にフォントを追加できるようになれば嬉しいですね。



コメントフォーム右上の「ログイン」メニューで各種SNSアカウントでログインできます。
匿名でコメントしたい場合は、名前とメールアドレスを入力した後「アカウントを作成せず投稿する」にチェックを入れてください。
Disqusに登録すると、返信通知を受け取れます。