Xperia XのシステムUIがXperia Z2、Z3、Z5シリーズに移植される

当サイトで紹介するMODやアプリなどの内、システムファイルの改変やシステムに深く関わるものはroot化やリカバリが必須となります(root化の必要なしと明記している場合は除く)。導入は自己責任で行ってください。また、技適の無い機器の使用は自己責任です。

xperia x systemui

新シリーズのXperia、Xperia Xから新しいデザインのロック画面を含む、システムUIがXperia Z2、Z3、Z5シリーズに移植されました。


実はXperia XのFTFデータがアップロードされる前から、リークされたSystemUI.apkを使って移植されていたのですが、Z5シリーズではMTK用のデータが混じっているせいで強制終了していました。

ダウンロード

注: SystemUI.apkだけではなくframeworkのjarも弄るため、インストールする前にsystem全体をdeodexしておく必要があります。

Xperia Z2 / Z3用はこちら

 

Xperia Z5用はこちら

※Z5用にはAndroid Nスタイルも入っており、通知領域のヘッダー部とクイック設定パネルが同色で、通知間の隙間が狭くなっています。

ロック画面の時計部分が透明に

Xperia X ロック画面 Xperia X ロック解除画面

 

デフォルトではXperia Xのテーマを適用したときのみ、ロック画面の時計の文字部分が透明になり、背景画像が透けて見えるようになっています。

SystemUIのbool値、somc_keyguard_transparent_clock_enabledをtrueにすると他のテーマでも透明になるようです。
(編集したZ5用ZIPはこちら)

クイックプルダウンも使用可能

クイックプルダウン

Xperia Xに追加された新機能、画面上部から中央までスワイプすることでクイック設定を開く機能も利用できるようになります。

バッテリーアイコンとテキストが分離されたり通知を一括削除するボタンにラベルがついたりと細かな変更も多いので、Z3やZ5シリーズのXperiaを持っている方は一度試してみてはいかがでしょうか。

Sony Mobile Communicationsのスマートフォン、Xperia向けのカスタマイズや便利なツールを紹介しています。OnePlus 3T A3010とXperia XZ F8332を使用中で、Androidアプリも開発しています。

Twitter: @AndroPlus_org


コメントフォーム右上の「ログイン」メニューで各種SNSアカウントでログインできます。
匿名でコメントしたい場合は、名前とメールアドレスを入力した後「アカウントを作成せず投稿する」にチェックを入れてください。
Disqusに登録すると、返信通知を受け取れます。