TWRP公式に日本語フォントと翻訳がマージされました

この記事の賞味期限は切れています。
投稿から1年以上経過しているため、情報が古い可能性があります。

当サイトで紹介するMODやアプリなどの内、システムファイルの改変やシステムに深く関わるものはroot化やリカバリが必須となります(root化の必要なしと明記している場合は除く)。導入は自己責任で行ってください。また、技適の無い機器の使用は自己責任です。

TWRP 3.0.x

Android 向けカスタムリカバリ、TWRPの公式リポジトリに日本語フォントと最新版の日本語翻訳がマージされました。


以前の記事で書いていましたが、日本語フォントはAndroid 6.0以降のシステムフォントに合わせ、Noto Sans CJKを採用しています。

日本語翻訳を含めたTWRPをビルドしたい場合、device treeの*Config.mk (PlatformConfig.mkやBoardConfig.mk)にTW_EXTRA_LANGUAGES := trueを追記してください。

なお、リカバリ領域のサイズに制限がある機種の場合、約4MBもある中国語フォントのせいで制限に引っかかってしまい、TWRPが起動できないことがあります。
繁体字中国語対応のNoto Sans CJKのサブセット版があればもう少し軽減できると思いますが、配布している方やサブセットに使える漢字リストが見つかっていません…。



コメントフォーム右上の「ログイン」メニューで各種SNSアカウントでログインできます。
匿名でコメントしたい場合は、名前とメールアドレスを入力した後「アカウントを作成せず投稿する」にチェックを入れてください。
Disqusに登録すると、返信通知を受け取れます。