eSIMを1円で試せる!月額150円~のIIJmio eSIMサービス、10/31まで初期費用3,000円→1円に

eSIMを1円で試せる!月額150円~のIIJmio eSIMサービス、10/31まで初期費用3,000円→1円に

徐々に認知度が上がってきている「eSIM」サービスですが、IIJmioがより気軽に試せるキャンペーンを開始しました。


月額150円~でサブ回線に

eSIMとは従来のSIMカードとは異なり、物理的なカードではなくデジタル的なSIMのことです。iPhone XSのようなスマートフォンであれば物理SIMとeSIMのデュアルSIM構成にすることもできますし、Rakuten MiniのようなeSIM専用端末でも使えます。

申し込んですぐeSIMのプロファイルをダウンロードできるため、物理的なSIMと違って到着を待つ必要がない、というのもメリットです。

通常は初期費用3,000円(税抜)がかかるため契約に躊躇してしまう、という方もいるかもしれませんが、今回のキャンペーンでは

  • IIJmio eSIMサービス データプランゼロ
  • IIJmioモバイルサービス eSIMプラン(ベータ版)ライトスタートプラン

の2つのサービスで初期費用が1円になるため、気軽にeSIMを試せるようになりました。

「IIJmio eSIMサービス データプランゼロ」は月額150円~と格安で使えるデータ通信プランで、1GBを追加するのにかかるのは450円と良心的です。

1GB

eSIMが使用可能な端末は公式に確認されているだけでも

  • iPhone SE(第2世代)
  • iPhone 11
  • iPhone 11 Pro
  • iPhone 11 Pro MAX
  • iPhone XS
  • iPhone XS Max
  • iPhone XR
  • Google Pixel 4a
  • Google Pixel 4
  • Google Pixel 4 XL
  • HUAWEI P40 Pro 5G
  • iPad(第7世代)
  • iPad mini(第5世代)
  • iPad Air(第3世代)
  • 11インチiPad Pro(第2世代)
  • 12.9インチiPad Pro(第3、第4世代)
  • Surface Pro LTE Advanced
  • Surface Pro X
  • ASUS TransBook Mini T103HAF-LTE
  • ASUS TransBook Mini T103HAF-GR079LTE

と色々あります。非公式ですがRakuten Miniでも使用できます。バンドの問題はありますが…。

iPhone

ちなみにeSIMは、「SIMがない状態だとモバイルSuicaが起動できなくなる」という問題を回避するためにも使えます。eSIMプロファイルが入っている状態だと「SIMがささっている」と判断されるため、例えeSIMのデータ通信プランを解約していてもモバイルSuicaが使えます。

 

iPhoneに限らずPixel 4aなどでもデュアルSIMデュアルスタンバイを格安に実現できるのは大きなメリットです。

初期費用が1円になるキャンペーンは2020年9月10日~2020年10月31日の期間で実施されます。

申し込みはウェブ経由のみが対象となり、パッケージ版は対象外となるためご注意ください。

データ通信用のeSIMを試してみたかったけれど初期費用がかかるのが嫌だった、という方はこの機会に契約してはいかがでしょうか。

\初期費用1円!/
eSIMを契約する

はてブ Pocket Mastodon タイトルとURLをコピー

カテゴリ:
コメントフォーム右上の「ログイン」メニューで各種SNSアカウントでログインできます。
匿名でコメントしたい場合は、名前とメールアドレスを入力した後「アカウントを作成せず投稿する」にチェックを入れてください。Disqusに登録すると、返信通知を受け取れます。

当サイトで紹介するMODやアプリなどの内、システムファイルの改変やシステムに深く関わるものはroot化やリカバリが必須となります(root化の必要なしと明記している場合は除く)。導入は自己責任で行ってください。また、技適の無い機器の使用は自己責任です。