Xperia Z TWRP導入

この記事の賞味期限は切れています。
投稿から1年以上経過しているため、情報が古い可能性があります。

当サイトで紹介するMODやアプリなどの内、システムファイルの改変やシステムに深く関わるものはroot化やリカバリが必須となります(root化の必要なしと明記している場合は除く)。導入は自己責任で行ってください。また、技適の無い機器の使用は自己責任です。

Xperia Zにインストールできるリカバリー、
TWRP 2.4.3.0 for lockled bootloadersが公開されました。

CWMと違いタッチ操作を意識してボタンが押しやすくなっており、
acroなどでハードキーで操作するしかなかった私にとっては新鮮でした。

まずxdaの
[RECOVERY] TWRP 2.4.3.0 for lockled bootloaders
を開きtwrp-2.4.3.0-xz-locked.zipをダウンロードしてください。


追記:XZRecovery-1.0.apkも公開されました。
Xperia Zにインストールして起動しInstall Recoveryボタンを押すと
twrp-2.4.3.0-xz-locked.zipと同じようにTWRPをインストールしてくれます。

twrp-2.4.3.0-xz-locked.zipを解凍してXperia ZをUSB接続した状態で
install.batを実行すれば自動でインストールされ再起動されます。
初回は自動でTWRPに入るので特別な操作は必要ありません。
(この自動で入るやり方は記事の下の方に書いています)
再起動完了後、メニューが表示されます。

バックアップをするにはBackupを押して
どこにバックアップするか選び下にあるボタンをスライドしてください。

Restoreも同じような操作です。

TWRPを抜けるときはReboot→Systemで通常起動出来ます。
もしAll checkpoints reachedとでてUse Phoneというボタンが出たら
それをタップし、再起動するとその後は出ることはありません。

初回は自動でTWRPに入りますが、
次回からはSONYロゴが出て緑のLEDが点灯しているときに音量キーなど何かボタンを押すか、

su
mkdir -p /cache/recovery/
touch /cache/recovery/boot
reboot

とGScriptやTaskerで入力するようにするとTWRPに入れます。

追記:
インストールボタンなどを押した後何も操作できなくなってしまう(フリーズする)
ことがありますが、TWRP自体の問題です。
電源ボタンとボリュームアップボタンを5秒押し続けて再起動し、
TWRPに入り直してボタンを押せば正常に動作します。
また、キーボードもボタンの位置が表示とずれています。
これも英語版でも起きている問題ですが修正方法は調査中です。


Sony Mobile Communicationsのスマートフォン、Xperia向けのカスタマイズや便利なツールを紹介しています。OnePlus 3T A3010とXperia XZ F8332を使用中で、Androidアプリも開発しています。

Twitter: @AndroPlus_org

コメントフォーム右上の「ログイン」メニューで各種SNSアカウントでログインできます。
匿名でコメントしたい場合は、名前とメールアドレスを入力した後「アカウントを作成せず投稿する」にチェックを入れてください。
Disqusに登録すると、返信通知を受け取れます。