OnePlus Warp Charge 65、ついに両端USB-Cに!USB PD 45W対応でSwitchやMacBookの充電も可

65W

長らくUSB Type-A to Type-CだったOnePlus Warp Chargeですが、ついにUSB Type-C to Type-Cに変わるときがやってきました。


USB PD 45W出力に対応

これまでのOnePlus製品に搭載されてきたWarp Chargeは独自のUSB Type-A to Type-Cケーブルを使うタイプで、Warp Charge非対応製品では高速充電することはできませんでした。

しかしOnePlus 8Tから採用されるWarp Charge 65では、USB Type-C to Type-Cケーブルが使用されることが公式Instagramの投稿により明らかになりました。

従来通り特殊なチップでWarp Charge対応機器かどうかを判別してWarp Charge 65対応機器では65W、それ以外ではUSB PD 45Wを出力するようです。

最大65WなのにUSB PDでは45Wまでに制限される、というのがよく分かりませんが、65WはPPSで実装していて一般的なPPS非対応機器だと45Wまでになることが多い…ということなのかもしれません。

 

USB PD 45Wに対応したことにより、OnePlusスマホはもちろんOnePlus Buds、MacBook、Nintendo Switchなどを一つの充電器ですべて急速充電できるようになります。

従来のWarp Charge 30Tなどへの後方互換もあるそうです。

65W

また、OnePlus 8Tでは4500mAhのツインバッテリー搭載を搭載しており、15分の充電で一日中ずっと使えるレベル (58%) まで充電でき、39分で満充電できるそうです。

12個の温度センサーを搭載し、より効率的で安全な充電ができるとのことです。

65W

OnePlus 8Tは10月14日に正式発表される予定です。

はてブ Pocket Mastodon タイトルとURLをコピー

カテゴリ:
コメントフォーム右上の「ログイン」メニューで各種SNSアカウントでログインできます。
匿名でコメントしたい場合は、名前とメールアドレスを入力した後「アカウントを作成せず投稿する」にチェックを入れてください。Disqusに登録すると、返信通知を受け取れます。

当サイトで紹介するMODやアプリなどの内、システムファイルの改変やシステムに深く関わるものはroot化やリカバリが必須となります(root化の必要なしと明記している場合は除く)。導入は自己責任で行ってください。また、技適の無い機器の使用は自己責任です。