docomoとSoftBank、Xperia X Performance SO-04H、502SOを6月中旬以降に発売へ

この記事の賞味期限は切れています。
投稿から1年以上経過しているため、情報が古い可能性があります。

当サイトで紹介するMODやアプリなどの内、システムファイルの改変やシステムに深く関わるものはroot化やリカバリが必須となります(root化の必要なしと明記している場合は除く)。導入は自己責任で行ってください。また、技適の無い機器の使用は自己責任です。

Xperia X Performance SOV33

docomoとSoftBankは5月10日、Xperia X Performance SO-04H、502SOを6月中旬以降に発売することを発表しました。
これで大手3キャリアともXperia X Performanceを発売することになりました。


Xperia Xシリーズとは?

ユーザーと寄り添いながらコミュニケーションをサポートする、というコンセプトで作られた新シリーズのXperiaです。詳しくは過去記事をご覧ください。

Xperia X Performanceのスペック一覧

Xperia X Performance 502SO Xperia X Performance SOV33 Xperia X Performance SO-04H
OS Android 6.0.1 Marshmallow
メモリ RAM 3GB/ROM 32GB
プロセッサ Qualcomm Snapdragon 820 (MSM8996)
ディスプレイ 5インチ FHD(1920×1080)
TRILUMINOS Display for mobile
X-Reality® for mobile
サイズ 約144mm × 約71mm × 約8.6mm
重さ 165g
SIM nano SIM
メインカメラ

23MP 1/2.3インチ Exmor RS for mobile
24mm Gレンズ F2.0
ISO 12800/3200
Predictive Hybrid AF

フロントカメラ 13MP 1/3インチ Exmor RS for mobile
22mm F2.0
ISO 6400
バッテリー 2,570mAh
オーディオ DSEE HX
ハイレゾ再生、LDAC
デジタルノイズキャンセリング

グローバル版からはバッテリー容量が減少

グローバル版Xperia X Performanceでは2,700mAhあったバッテリー容量が、SO-04H、SOV33、502SOでは2,570mAhに減少しています。

おサイフケータイやフルセグ/ワンセグなどのガラパゴス機能を搭載するために削られてしまったのだと思われますが、バッテリーの持ちに少し影響するかもしれません。

NFC/おサイフケータイかざし位置が前面に移動

NFC/おサイフケータイ®かざし位置

従来は背面にあったNFC/おサイフケータイかざし位置がなんと前面のフロントカメラ近くに移動しました。

改札などで使う場面が多い人もいるかと思いますが、接触面に当てないよう注意しないとディスプレイに傷が付いてしまいそうです。

ロック解除に「振って解除」が追加に?

ロック解除

ユーザビリティのページによると、本体を振る動作で画面オンとロック解除ができるようになったようです。

これまでも握ったときに指を当てやすい位置に指紋センサーがありましたが、画面オンが振る動作でできることで電源ボタンを押すことなく、握って振るという自然な流れの動作でロック解除できるようになりました。

Sony Mobile Communicationsのスマートフォン、Xperia向けのカスタマイズや便利なツールを紹介しています。OnePlus 3T A3010とXperia XZ F8332を使用中で、Androidアプリも開発しています。

Twitter: @AndroPlus_org


コメントフォーム右上の「ログイン」メニューで各種SNSアカウントでログインできます。
匿名でコメントしたい場合は、名前とメールアドレスを入力した後「アカウントを作成せず投稿する」にチェックを入れてください。
Disqusに登録すると、返信通知を受け取れます。