最高峰のAndroidタブGalaxy Tab S7が$579.99~!S865 PlusにAKGクアッドスピーカー

最高峰のAndroidタブGalaxy Tab S7が$579.99~!S865 PlusにAKGクアッドスピーカー

現時点で世界最高峰の性能を持つSamsung Galaxy Tab S7が米Amazonにてセール中です。


PC並に使えるAndroidタブレット

今や絶滅危惧種となったハイエンドAndroidタブレットですが、Galaxy Tab S7は現時点で世界トップクラスのSoCであるSnapdragon 865 Plusを搭載しており、メモリも6GB、ストレージは128GB/256GB/512GBとかなりのハイスペックです。

その代わり価格もそれなり…なのですが、アメリカAmazonではなんと$100~オフと大幅値引きされています。

 

Galaxy Tab S7はGalaxy Tab S7+の小型版です。

主な違いは以下の通りです。

Galaxy Tab S7 Galaxy Tab S7+
ディスプレイ 11インチ LTPS 12.4インチ sAMOLED
指紋認証センサー 側面 画面内
バッテリー 8,000mAh 10,090mAh
厚み 6.3mm 5.7mm
重さ 500g 575g

Galaxy Tab S7

Galaxy Tab S7は有機ELディスプレイではないものの、むしろコントラストの面ではS7+よりも良いようです。

解像度はWQXGA2560 x 1600で明るさは最大500nitです。

なんと120Hzリフレッシュレートに対応しているため、よりなめらかな映像を楽しめます。

音響面ではDolby Atmosに対応している他、AKG製のクアッドスピーカーを搭載しており迫力ある音が出るようです。

ディスプレイ

大容量8,000mAhバッテリーのおかげで15時間の動画再生が可能で、USB PD 45Wでの急速充電ができます。

独自規格ではなくPPSを使用しているため、Samsung純正充電器でなくてもPPS 45W以上対応なら急速充電できます。

ストレージは元々大容量ですが、最大1TBのmicroSDカードで拡張することも出来ます。

スタンド

別売りのキーボードカバーを取り付ければ、ノートパソコンのように使用できます。

ウインドウ化してアプリを並べる機能もあり、マウス操作にも最適化されています。

スタイラスペンで書き込むこともでき、レイテンシ9msのSペンが付属しています。

キーボード

タブレットとはいえカメラもそれなりのものを搭載しており、13MP + 5MP超広角のデュアルカメラです。

ビデオ通話用のフロントカメラも搭載されているため、テレワークもばっちりです。

カメラ

米Amazonではいずれも日本直送可能・輸入消費税込で

Galaxy Tab S7 128GB…$549.99 + $68.43

Galaxy Tab S7 256GB…$579.99 + $71.63

Galaxy Tab S7 512GB…$679.99 + $83.54

にて販売されていますが、Prime DayではBronzeだけは512GBでも$579.99で購入できます。

念のためサポートに問い合わせしましたが「確かに512GBだ」「512GBモデルが届くので安心して欲しい」と言われました。

【追記】Bronze 512GBは売り切れました。実際に届いた人によると本当に512GBモデルのようです。

 

Galaxy Tab S7は今回がAmazon初の大幅値引きです。Prime Day限定かと思いきや、10/16に256GBなどでまたセール価格に戻っています。

1万円以上安く買えるセールはいつ終わるか分からないため、世界最高峰の性能を持つAndroidタブレットが欲しい方はお早めに。

【10/19追記】残るは256GB Black $579.99だけになりました。

512GBモデルを購入

256GBモデルを購入

128GBモデルを購入

Galaxy Tab S7+は$749.99 + $92.44~で販売されています。

Galaxy Tab S7+を購入

はてブ Pocket Mastodon タイトルとURLをコピー

カテゴリ:
コメントフォーム右上の「ログイン」メニューで各種SNSアカウントでログインできます。
匿名でコメントしたい場合は、名前とメールアドレスを入力した後「アカウントを作成せず投稿する」にチェックを入れてください。Disqusに登録すると、返信通知を受け取れます。

当サイトで紹介するMODやアプリなどの内、システムファイルの改変やシステムに深く関わるものはroot化やリカバリが必須となります(root化の必要なしと明記している場合は除く)。導入は自己責任で行ってください。また、技適の無い機器の使用は自己責任です。