ゲーミングスマホRedMagic 5G赤色が7%オフ$539に。144Hz+冷却ファン+S865+LPDDR5で超高速

ゲーミングスマホRedMagic 5G赤色が7%オフ$539に。144Hz+冷却ファン+S865+LPDDR5で超高速

最高峰の性能を備えたゲーミングスマホ、nubia RedMagic 5G 8GB+128GB / Hot Rod Redが読者限定クーポンにて7%オフです。


$579 → $539に値下がり

nubia RedMagic 5G NX659JはSnapdragon 865にX55 5Gモデムを搭載した、5G (SA + NSAデュアルモード) 対応ゲーミングスマホです。

超高速なLPDDR5メモリ搭載で、6.65インチ画面はリフレッシュレート144Hzとスマホ史上最高です。さらにゲームプレイで使いやすいショルダートリガー、最大15,000RPMの冷却ファンに55Wでの超急速充電、4500mAh大容量バッテリー搭載で、カメラもSony IMX686の64MPトリプルカメラにアップグレードされています。

nubia RedMagic 5G NX659J
OS Android 10
RAM 8GB/12GB LPDDR5
ストレージ 128GB/256GB UFS 3.0
プロセッサ Snapdragon 865 (+ Snapdragon X55 5Gモデム)
ディスプレイ 6.65インチ FHD+ 2340 x 1080
サイズ 168.56x78x9.75mm
重さ 218g
SIM Nano SIM
Dual SIM
メインカメラ 64MP (Sony IMX686) + 2MP (マクロ) + 8MP (超広角)
フロントカメラ 8MP
バッテリー 4500mAh
USB端子 USB Type-C (55W)

Red Magic 5Gは6.65インチ AMOLED ディスプレイを搭載しており、リフレッシュレート144Hz、タッチサンプリングレート240Hzとなっています。

ディスプレイ

World of Tanks Blitzなどの対応ゲームでは120FPS~でプレイできるため、よりなめらかで残像感の少ない映像で楽しめます。

CPU・GPUターボ機能に加えて「冷却ファン」まで搭載しているため、パフォーマンスを最大限発揮し続けやすい環境でプレイできます。

120Hz

USB Type-C to USB Type-CケーブルUSB Type-C to HDMI変換ケーブル等を使ってモニターへ映像・音声出力することもできます。

USB Type-Cポート採用ですがしっかり3.5mmイヤホンジャックも搭載しているので、有線イヤホンを使うこともできます。

DP Alt Mode

ショルダートリガーもあるため、ゲーム中に画面を触らなくても操作しやすく出来ます。

WiFi 6 2×2 MIMOに対応している他、4G/5Gにも対応しており、対応バンドは

  • 5G: NR n41/n78
  • GSM 2/3/5/8
  • WCDMA B1/2/4/5/8/19
  • CDMA/EVDO BC0/BC1
  • TD-LTE B34/B38/39/40/41
  • FDD-LTE B1/B2/B3/B4/B5/B7/B8/B20/B12/B17/B18/B19/B26

と幅広く、日本向けのプラチナバンドもばっちりカバーしています。

ショルダートリガー

有線LAN対応ハブを使えば有線接続することも可能です。残念ながら無線に比べてスピードは遅くなってしまいますが、安定したネット接続でプレイしたければ有線のほうが良いと思います。

有線

RedMagic 5Sが発売されたためRedMagic 5Gが値下げされ$569になったのですが、今回弊サイト限定クーポンをいただきました。

8GB+128GB / Hot Rod Redモデルのみ、クーポンRedHotAndroPlusを使うことで$539 (約5.6万円) で購入できます。

割引

5Sとの違いはほとんどないですし、144Hzのゲーミングスマホを試したい方はぜひこの機会に購入してはいかがでしょうか。

クーポンRedHotAndroPlusは2020年12月31日まで使用できます。

RedMagic 5Gを購入する

はてブ Pocket Mastodon タイトルとURLをコピー

カテゴリ:
コメントフォーム右上の「ログイン」メニューで各種SNSアカウントでログインできます。
匿名でコメントしたい場合は、名前とメールアドレスを入力した後「アカウントを作成せず投稿する」にチェックを入れてください。Disqusに登録すると、返信通知を受け取れます。

当サイトで紹介するMODやアプリなどの内、システムファイルの改変やシステムに深く関わるものはroot化やリカバリが必須となります(root化の必要なしと明記している場合は除く)。導入は自己責任で行ってください。また、技適の無い機器の使用は自己責任です。