RAVPower USB PD 65W 4ポート充電器RP-PC136レビュー。コンパクトなのにUSB-C & A各2ポート

RAVPower USB PD 65W 4ポート充電器RP-PC136レビュー。コンパクトなのにUSB-C & A各2ポート

RAVPower USB PD 65W 4ポート充電器RP-PC136をいただきました。


計4ポートかつコンパクトで使いやすい

  • USB PD 3.0 65W対応
  • 2ポート使用時でも45W + 18Wで十分
  • USB-Cでは急速充電規格非対応で規格適合
  • USB-AでQC3.0など対応
  • 4ポートながらもコンパクト
  • 電源ケーブルで1.5m分延長できる
  • PSEマークあり
  • 電源ケーブルを付ける必要あり

RAVPower USB PD 65W 4ポート充電器RP-PC136はUSB PD 65WのUSB Type-Cポート2つと18WのUSB Type-Aポート2つの計4ポートです。

USB Type-CポートではUSB PD以外の急速充電規格に対応せず、USB Type-Aポートでは対応しているという理想的な構成です。

RP-PC136

RAVPower USB PD 65W 4ポート充電器RP-PC136
サイズ 約90 x 86.5 x 18mm
重さ 実測165.7g、ケーブル込251.1g
USB Type-C出力 (65W時) 商品説明:5V/3A、9V/3A、12V/3A、15V/3A、20V/3.25A
実際のPDO:5V/3A、9V/3A、12V/3A、15V/3A、20V/3.25A
ポート数 USB Type-C x2
USB Type-A x2

付属品は説明書と電源ケーブルのみです。

USB Type-Cケーブルは付属していないため、必要であれば100W・5A対応ケーブルを購入しましょう。

付属品

USB Type-Cポートはどちらか一方だけ使う場合は最大65W、両方使った時は最大45W+18Wまでとなるため、2ポート使用している場合でも消費電力が小さめのノートパソコンなら急速充電できます。

USB Type-Aポートも2つ搭載されており、古いスマートフォン等へQuick Charge 2.0/3.0で高速充電できます。

4ポート

折りたたみ式プラグではなく、メガネケーブルを挿さないといけません。

持ち運びの際に若干かさばるというデメリットはありますが、電源ケーブルが約150cmなのでコンセントから少し離れた位置で使えるようになります。

USB Type-C to Type-CケーブルはUSB 2.0で最大4m、USB 3.1 Gen1だと最大2mと長さが決まっているので、1.5m分余裕が生まれるのは嬉しいですね。

菱形PSEマークも書かれています。

仕様

RP-PC136本体のみで165.7g、電源ケーブル込みだと251.1gでした。

重さ

通電時のLEDインジケーターは緑色で、淡く発光していて主張が激しくなく、暗い部屋でも邪魔になりません。

多ポート

ポートは

  • USB-C1ポート使用時… 最大65W
  • USB-C 2ポート同時使用時…45W+18W
  • USB-C1ポート+USB-A1ポート同時使用時…USB-C 45W+ USB-A 18W
  • USB-C1ポート+USB-A 2ポート同時使用時…USB-C 45W+USB-A各ポート5V/2.4A
  • USB-C 2ポート+USB-A 1ポート同時使用時…USB-C各ポート18W+USB-A 18W
  • USB-C 2ポート+USB-A 2ポート同時使用時…USB-C各ポート18W+USB-A各ポート5V/2.4A

といった具合に出力が調整されます。

古い急速充電はUSB-Aで

Cold Socket (非Vbus Hot) –

USB Type-Cの規格では、機器が接続されたことを確認してからVbusに電圧をかけるよう定められています。

この充電器は機器が接続されていない状態ではVbusに電圧をかけておらず、規格に適合した動作をしています。

Bridged CCs –

USB Type-Cポートは別個のRpでプルアップされています。

e-MarkedケーブルでもSinkの接続を検出できるため、問題なく充電できます。

PDO –

仕様とTotal Phase USB Power Delivery Analyzerで確認した実際に通知されているPDOは一致しました。

USB Type-C 1ポートのみ使用時は、最大20V / 3.25A = 65Wです。

Lenovo ThinkPad X1 Carbon (2019)も60Wで充電できました。

PDO

eMarker非搭載ケーブル (5A非対応ケーブル) 使用時はちゃんと20V / 3A = 60Wまでに制限されます。

PDO

USB Type-Cポートを両方とも使っている場合は、片方は20V / 2.25A = 45W、もう片方は12V / 1.5A = 18Wに制限されます。

ケーブルを挿しただけでは制限されず、機器に接続して出力された時点で制限されます。

PDO

上側のポートを1とすると、

  1. ポート1にだけ挿す→最大65W
  2. ポート1とポート2両方に挿す → ポート1は最大65W、ポート2は最大18W
    (ポート1の瞬断は起きない)
  3. 2.の状態からポート2を外す → ポート1は最大65Wのまま、瞬断は起きない
  4. 2.の状態からポート1を外す → ポート2が最大65Wになり、瞬断が起きる場合あり

といった動きをします。

USB PD 3.0に対応している機器なら瞬断されず、PD 2.0にしか対応していないNintendo Switchなどだと瞬断されます。

高速充電規格 –

USB Type-CポートではUSB PD以外の急速充電規格に対応していないので、規格適合です。

Quick Charge 2.0/3.0を初めとする独自の急速充電に対応していると最悪ケーブルが焼き切れる場合がありますが、この充電器ならその心配はありません。

USB DCP対応のため、USB PD非対応の古い端末でも充電できます。

USB Type-C側

USB Type-A側ではQuick Charge 2.0/3.0やSamsung AFC・HUAWEI FCPといった古い急速充電規格に対応しており、理想的な構成です。

USB Type-A側

過電流防止機能 –

20V/3.25AのPDOでは、19.3V / 3.54A = 68Wで出力がシャットダウンされました。

素早くシャットダウンしてくれるので安心です。

20V

まとめ

  • USB PD 3.0 65W対応
  • 2ポート使用時でも45W + 18Wで十分
  • USB-Cでは急速充電規格非対応で規格適合
  • USB-AでQC3.0など対応
  • 4ポートながらもコンパクト
  • 電源ケーブルで1.5m分延長できる
  • PSEマークあり
  • 電源ケーブルを付ける必要あり

コンパクトながらもUSB-C x2・USB-A x2の4ポートで使い勝手が良いですし、電源ケーブル式なのでコンセントから少し離れた場所でも使いやすいです。

規格に配慮してUSB Type-A側だけ古い急速充電規格に対応しており、色々なデバイスを持っている方におすすめです。

 

2020/11/06現在ブラックは5,499円、ホワイトは5,699円で販売されていますが、Amazonでは読者限定クーポンPC136ANDにて2020/11/12まで20%オフ価格で購入できます。

USB Type-C製品のレビューが役立った場合、私のほしい物リストから何か贈っていただけると嬉しいです。

はてブ Pocket Mastodon タイトルとURLをコピー

カテゴリ:
コメントフォーム右上の「ログイン」メニューで各種SNSアカウントでログインできます。
匿名でコメントしたい場合は、名前とメールアドレスを入力した後「アカウントを作成せず投稿する」にチェックを入れてください。Disqusに登録すると、返信通知を受け取れます。

当サイトで紹介するMODやアプリなどの内、システムファイルの改変やシステムに深く関わるものはroot化やリカバリが必須となります(root化の必要なしと明記している場合は除く)。導入は自己責任で行ってください。また、技適の無い機器の使用は自己責任です。