docomo向けXperia Xシリーズはもう一つある? コードネーム「Kugo」が判明

当サイトで紹介するMODやアプリなどの内、システムファイルの改変やシステムに深く関わるものはroot化やリカバリが必須となります(root化の必要なしと明記している場合は除く)。導入は自己責任で行ってください。また、技適の無い機器の使用は自己責任です。

Xperia X Performance SOV33

Xperia X F5121/F5122 34.0.A.1.259のカーネルソースが公開され、その中にdocomo向けと思われる謎のコードネーム、「Kugo」が書かれていました。


Snapdragon 650搭載モデルがdocomo向けに投入か?

kugo

カーネルをビルドする際の設定を記述するファイル、common_diffconfig

# CONFIG_MACH_SONY_KUGO is not set
# CONFIG_MACH_SONY_KUGO_DCM is not set

という表記を発見しました。

CONFIG_MACH_SONY_***はビルドするカーネルのコードネームで、例えばCONFIG_MACH_SONY_SUZU=yとすればグローバル版Xperia X向けカーネルがビルドされます。

_DCMと付いているものはdocomo向けモデルのビルドに使うオプションのため、KUGO_DCMはKugoと呼ばれている端末のdocomo版ということになります。

すでにHW Config「HWC_Loire_DOCOMO_Com_010」が開発されていることが判明しており、Snapdragon 650 (msm8956)を搭載したXperiaがdocomo向けに投入される可能性を示しています。

Kugoはハープに似た撥弦楽器、箜篌

コードネームのKugoとは、おそらく古代東アジアで使われた、ハープに似た撥弦楽器、箜篌のことでしょう。

ただ、現在は滅びているようで、コードネームを決めた段階ではキャンセルすることを前提に開発していた可能性もあります。

コードネームの元ネタの通り幻のXperiaとなるのか、何らかの形で発表されることになるのか…。docomoは既に2016年夏モデルとしてXperia X Performanceのみを発表しているので、おそらくKugoはキャンセルされているのでしょうが、発売されることになると面白そうです。

[9/1追記]
Xperia X Compactとして発売されることが発表されました。日本ではdocomoからSO-02Jとして発売されます。

Sony Mobile Communicationsのスマートフォン、Xperia向けのカスタマイズや便利なツールを紹介しています。OnePlus 3T A3010とXperia XZ F8332を使用中で、Androidアプリも開発しています。

Twitter: @AndroPlus_org


コメントフォーム右上の「ログイン」メニューで各種SNSアカウントでログインできます。
匿名でコメントしたい場合は、名前とメールアドレスを入力した後「アカウントを作成せず投稿する」にチェックを入れてください。
Disqusに登録すると、返信通知を受け取れます。