OnePlus 8Tを非rootでVoLTE有効化する方法。Android 11のFactory Test Modeを使用

OnePlus 8Tを非rootでVoLTE有効化する方法。Android 11のFactory Test Modeを使用

OnePlus 8Tを含む、Android 11搭載端末で非root状態でVoLTEを有効化する方法が発見されました。


懐かしのFTM

Android 11のOnePlus 8TOnePlus 8 Proでは、これまでのようにLogkit・Engineering Modeを使ってQPST/PDCを動かせる状態にすることができなくなっています。

root化した状態でないと有効化できない状況でしたが、こちらのフォーラムで投稿されている方法で非rootでもPDCを動作させられるようになり、VoLTEを解放できるようになりました。

使うのは懐かしの「FTM(Factory Test Mode)」です。FTMはデバッグ用途に使われるモードで、通常の状態に比べセキュリティが弱くなっておりroot権限が必要な操作も一部できてしまうというものです。

2016年時点で危険性が指摘されており、とっくに塞がれているものだと思っていましたが、少なくともOnePlusスマートフォンでは健在のようです。

PDC

OnePlus 8TでFTMを使ってVoLTEを使えるようにする手順は

  1. OnePlusLogKitをダウンロード&インストールする
  2. 電話アプリで*#800#をダイヤルする
  3. Function Switch→VoLTE switchをONにして再起動する
  4. このページで配布されているドライバーとQPSTをインストールする (署名チェックを無効化する必要あり)
  5. コマンドウインドウで下記コマンドを実行する
    adb reboot ftm
  6. 中国語で何か表示された後画面が消えるので、コマンドウインドウで下記コマンドを実行する
    adb shell
    setprop sys.usb.config diag,diag_mdm,qdss,qdss_mdm,serial_cdev,dpl,rmnet,adb
  7. PDCを開く
    ※PDCに何も出てこない場合、コンピュータの管理→デバイスマネージャーでドライバーをインストールする必要があります。
    正常時はポート (COMとLPT)に
    Qualcomm HS-USB MSM Diagnostics 90E5
    Qualcomm HS-USB MDM Diagnostics 90E5
    モデムに
    Qualcomm HS-USB Modem 90E5
    などと出ます。
  8. Oversea-Commercial DSをSub0とSub1ともにDeactivateした後、Removeで削除する
    ※エラーでPDCが閉じたら開き直してやり直してください
  9. VoLTE-PTCRBを選び、右クリック→SetSelectedConfigでSub0 (SIM 1の場合)・Sub1 (SIM 2の場合)を選ぶ
    ※ない場合はVoLTE-CUやSmart-VoLTEを使ってみてください
  10. Activateを押す
  11. OnePlus 8Tのモバイルネットワーク設定でVoLTEを有効化する

です。PDCの使い方など詳しくは調べてください。

なお、VoLTE有効化をした際にAPN情報がおかしくなることがあるようなので、上記手順をしてもデータ通信できない場合はAPNを一旦削除して追加し直してみてください。APNタイプに半角スペースが混じっていないかも確認してください。

 

root化して接続するより動作が不安定なようで、PDCに何も出なかったりフリーズしたりするので、安定するまで何度か繰り返してみてください。

これでY!mobile楽天モバイル (MNO、Rakuten UN-LIMIT 2.0) でもVoLTEで通話できるようになります。

楽天モバイルではRakuten LinkのSMS認証等もちゃんとできました。

VoLTE-CUなどではなくVoLTE-PTCRBを選ぶことで、CA (キャリアアグリゲーション) も有効化されるようです。

VoLTE

若干手間が掛かるのは変わらないですが、非rootでもVoLTEを有効化できる方法が見つかったことで「VoLTEのためだけにroot化する」という必要性はなくなりました。

なおVoLTEはdocomo、SoftBank、Y!mobileといった回線では3Gで通話することもできるので今のところはそれほど重要度は高くないですが、auや楽天モバイルでは4G通話しか対応しておらずアクティベーション関係も不可能になることがあるため、VoLTE有効化がほぼ必須となっています。

姉妹ブランドのOPPO/realmeだとSIMを挿すだけでVoLTEが使える場合もありますし、早いところOnePlusでもVoLTEがデフォルトで使えるようにしてくれれば一番良いのですが…。

OnePlus 8Tレビュー。5万円台で120Hz AMOLED + S865 + UFS 3.1 + 65W充電はコスパ最高! – AndroPlus
OnePlus 8T KB2005を購入しました。これこそ本当の意味でコストパフォーマンス最高です。 120Hzフラット画面が快適すぎる OnePlus 8TはOnePlus 8のマイナーチェンジ版のような扱いですが、「120Hzリフレッシュレートのフラットディスプレイ搭載」という大きな違いがあります。…
OnePlus 8Tレビュー。5万円台で120Hz AMOLED + S865 + UFS 3.1 + 65W充電はコスパ最高! - AndroPlus

OnePlusスマホのVoLTE有効化を簡単にするMagiskモジュールを作ってみた – AndroPlus
OnePlusスマートフォンでは日本キャリア向けのVoLTEが有効になりませんが、Magiskモジュールで簡単に有効化できるようにしてみました。 アップデート後もVoLTEを維持 OnePlusはまだ日本に進出していないため、OPPO /…
OnePlusスマホのVoLTE有効化を簡単にするMagiskモジュールを作ってみた - AndroPlus

はてブ Pocket Mastodon タイトルとURLをコピー
カテゴリ: ,


コメントフォーム右上の「ログイン」メニューで各種SNSアカウントでログインできます。
匿名でコメントしたい場合は、名前とメールアドレスを入力した後「アカウントを作成せず投稿する」にチェックを入れてください。Disqusに登録すると、返信通知を受け取れます。

当サイトで紹介するMODやアプリなどの内、システムファイルの改変やシステムに深く関わるものはroot化やリカバリが必須となります(root化の必要なしと明記している場合は除く)。導入はバックアップを取ってから自己責任で行ってください。また、技適の無い機器の使用は自己責任です。