Sony Mobile、グローバル版Xperia Z5、Z4、Z3+シリーズに6.0.1配信開始

この記事の賞味期限は切れています。
投稿から1年以上経過しているため、情報が古い可能性があります。

当サイトで紹介するMODやアプリなどの内、システムファイルの改変やシステムに深く関わるものはroot化やリカバリが必須となります(root化の必要なしと明記している場合は除く)。導入は自己責任で行ってください。また、技適の無い機器の使用は自己責任です。

Android 6.0更新

Sony Mobileは6月2日、Xperia Z5シリーズのAndroid 6.0.1ファームウェア、32.2.A.0.224を配信開始しました。


今回のアップデートで、STAMINAモードが復活しました。ただし、これまでのSTAMINAモードとは違い、緊急省電力モードに近い内容に変更されています。

Android 6.0.1ではセキュリティパッチレベルが4月のものになり、電源ボタンを押すことでカメラを起動する機能や、位置情報の精度を向上させる「Wi-Fiのスキャン」で異常にバッテリーを消費してしまうバグなどの修正が追加されています。

6.0.1

また、設定のアイコンがXperia Xシリーズと同じものに刷新されています。

設定

[6月3日追記]
Xperia Z4 Tablet、Z3+にも32.2.A.0.224が配信開始されました。



コメントフォーム右上の「ログイン」メニューで各種SNSアカウントでログインできます。
匿名でコメントしたい場合は、名前とメールアドレスを入力した後「アカウントを作成せず投稿する」にチェックを入れてください。
Disqusに登録すると、返信通知を受け取れます。