adbd Insecure – adbを常にrootで使えるようにする

この記事の賞味期限は切れています。
投稿から1年以上経過しているため、情報が古い可能性があります。

当サイトで紹介するMODやアプリなどの内、システムファイルの改変やシステムに深く関わるものはroot化やリカバリが必須となります(root化の必要なしと明記している場合は除く)。導入は自己責任で行ってください。また、技適の無い機器の使用は自己責任です。

adb shellを使うとき、root権限の必要な操作をするにはsuと入力しないといけません。
ですが、suと入力する方法ではadb push、adb pullなど一部のコマンドに対応できません。



そこで役に立つのが、SuperSUも開発されているChainfire氏のアプリ、adbd Insecureです。
[root] adbd Insecure
制作: Chainfire
価格: ¥144
平均評価: 4.5(合計 62 件)

posted by: AndroidHTML v2.3

xdaでは無料配布されています。
ぜひ寄付のつもりでPlayストアで買ってあげてください。

使い方は簡単で、adbd Insecureを開いて、「Enable insecure adbd」にチェックを入れるだけです。
「Enable at boot」にチェックを入れれば、起動時にinsecure adbdが有効になります。

insecure adbdが有効な状態でadb shellを確認してみると、
このように$ではなく#になっています。



コメントフォーム右上の「ログイン」メニューで各種SNSアカウントでログインできます。
匿名でコメントしたい場合は、名前とメールアドレスを入力した後「アカウントを作成せず投稿する」にチェックを入れてください。
Disqusに登録すると、返信通知を受け取れます。