AndroidのVPNをパスワードやパターンなしで使う方法

この記事の賞味期限は切れています。
投稿から1年以上経過しているため、情報が古い可能性があります。

当サイトで紹介するMODやアプリなどの内、システムファイルの改変やシステムに深く関わるものはroot化やリカバリが必須となります(root化の必要なしと明記している場合は除く)。導入は自己責任で行ってください。また、技適の無い機器の使用は自己責任です。

パスワードやパターン、PINなどを設定しないと使えないVPN機能をロックなしで使う方法です。
セキュリティ的にはかなり悪いです。



まずSQLiteが必要なので、SQLite Installer for Rootを使ってインストールします。
SQLite Installer for Root
制作: ptSoft
価格: undefined
平均評価: 4.0(合計 366 件)

posted by: AndroidHTML v2.3

アプリを起動し、「Install」ボタンをタップして、バージョンを選んで「Go」ボタンをタップするとインストールされます。
VPNを設定していない場合はセキュリティで画面のロックをパターンやパスワードにして設定してください。
VPNをすでに設定している場合は一旦設定からVPNを開き、VPNを選べるようにしておいてください。
TaskerとSecure Settingsを組み合わせて自動でVPN接続できるようにします。

Secure Settings
制作: intangibleObject
価格: 無料
平均評価: 4.4(合計 3,862 件)

posted by: AndroidHTML v2.3

Taskerのタスクを作成します。

1. Script – adb shell
sqlite3 /data/system/locksettings.db -cmd “update locksettings set value=131072 where name=’lockscreen.password_type’;”
Use Rootにチェックを入れてください。
2. Plugin – Secure Settings
Dev Admin Actions – Password/Pin
Enabledにして「Pin code」を選び、設定するPINを入力(一応覚えておいてください)してくだい。
3. Plugin – Secure Settings
Root Actions – VPN
自動接続したいVPNを選び、Connectになっているか確認します。
4. Script – adb shell
sqlite3 /data/system/locksettings.db -cmd “update locksettings set value=0 where name=’lockscreen.password_type’;”
Use Rootにチェックを入れてください。
一旦PINを設定し、VPNに接続した後またロックなしに戻るようにしています。
このタスクを実行すると、ロックなしでVPNに接続できるようになるはずです。
おまけ:
adbでロックなしにする
sqlite3 /data/system/locksettings.db -cmd “update locksettings set value=0 where name=’lockscreen.password_type’;”
sqlite3でロックなしにする前の元々のロック画面に戻す
PINの場合
sqlite3 /data/system/locksettings.db -cmd “update locksettings set value=131072 where name=’lockscreen.password_type’;”
パスワードの場合
sqlite3 /data/system/locksettings.db -cmd “update locksettings set value=262144 where name=’lockscreen.password_type’;”
パターンの場合
sqlite3 /data/system/locksettings.db -cmd “update locksettings set value=65536 where name=’lockscreen.password_type’;”



コメントフォーム右上の「ログイン」メニューで各種SNSアカウントでログインできます。
匿名でコメントしたい場合は、名前とメールアドレスを入力した後「アカウントを作成せず投稿する」にチェックを入れてください。
Disqusに登録すると、返信通知を受け取れます。