TWRP 3.5.0が正式公開。Android 10プリイン端末のデータ復号に対応、Android 11対応も開発中

TWRP 3.5.0が正式公開。Android 10プリイン端末のデータ復号に対応、Android 11対応も開発中

ついに公式版でAndroid 10に対応したTWRP 3.5.0が公開されました。


Android 10正式対応

2020年12月31日に公開されたTWRP 3.5.0では、ついにAndroid 10 プリインストール端末でのデータ復号に正式に対応されました。

これまではデータを初期化して暗号化を解除しておかないといけなかったり、非公式ビルドでしか対応しておらず最新バージョンに追従できていなかったりしましたが、これでTWRPで公式サポートされている端末なら暗号化したまま、TWRP内でデータ復号して使えるようになります。

TWRP

TWRP 3.5.0ではAndroid 10対応のために大きな変更があったため、Android 9以前の端末向けは「3.5.0_9」、Android 10以降の端末向けは「3.5.0_10」とバージョンが分かれることになりました。

TWRP 3.5.0での主な変更内容は

  • Android 10のデータ復号に対応
  • Ozip復号に対応
  • QTI、TSPDriverでのタッチバイブに対応
  • スロットAオンリーの端末でのcacheの消去時エラーを修正
  • マウント解除時のvold_decryptエラーを修正
  • TWRPアプリのインストールを高度なオプションへと移動

などです。

Android 11やPixel 5への対応も現在開発中とのことです。

開発者向けにはQualcomm SoC搭載端末でのデータ復号を実装しやすいようandroid_device_qcom_twrp-commonが用意されるようになったため、デバイスツリー側でデータ復号に関するファイル等を持っておく必要がほぼなくなり、よりビルドしやすくなりました。

 

データ復号できるTWRPがない状態では安心してカスタムロムを導入できず、インストールも手間が掛かる状態でしたが、これでカスタムロム開発にまた活気が戻りそうです。

はてブ Pocket Mastodon タイトルとURLをコピー
カテゴリ: ,


コメントフォーム右上の「ログイン」メニューで各種SNSアカウントでログインできます。
匿名でコメントしたい場合は、名前とメールアドレスを入力した後「アカウントを作成せず投稿する」にチェックを入れてください。Disqusに登録すると、返信通知を受け取れます。

当サイトで紹介するMODやアプリなどの内、システムファイルの改変やシステムに深く関わるものはroot化やリカバリが必須となります(root化の必要なしと明記している場合は除く)。導入はバックアップを取ってから自己責任で行ってください。また、技適の無い機器の使用は自己責任です。