Xperia X Performance グローバル版は初期段階では2モデルとも技適なし

当サイトで紹介するMODやアプリなどの内、システムファイルの改変やシステムに深く関わるものはroot化やリカバリが必須となります(root化の必要なしと明記している場合は除く)。導入は自己責任で行ってください。また、技適の無い機器の使用は自己責任です。

Xperia X Performance

Xperia X Performanceのグローバル版、F8131とF8132のFTFの素となるデータがSonyのサーバーにアップロードされましたが、技適が妙なことになっています。


 F8131とF8132のどちらも技適の表示無し

Xperia X Performance F8131、F8132の一般消費者向けファームウェアの認証情報データを見たところ、どちらにも技適の表示がありません。Xperia XではシングルSIM版には技適マークがあったのですが、少なくとも35.0.A.1.227の時点ではF8131、F8132のどちらも日本では正式には使用できません。

F8131_row F8132_row

デモ機には何故かどちらも技適表示有り

一般消費者向けファームウェアとは打って変わり、デモ機用ファームウェアではなんとF8131、F8132のどちらにも同じ技適表示がされています。対応周波数が異なる別モデルに同じ技適番号を利用できるのかは分からないのですが、もしデュアルSIM版も技適有りで発売される計画があるのであれば面白そうです。

F8131_demo F8132_demo

ちなみに、Xperia XではデュアルSIM版にはデモ機であっても技適表示はありませんでした。まだ一般消費者向けファームウェアはCustomized FR、フランス向けしか公開されていないため、今後アップロードされる他国向けファームウェアでどうなっているか注目です。

Xperia X Performance DualをEXPANSYSで購入する

Sony Mobile Communicationsのスマートフォン、Xperia向けのカスタマイズや便利なツールを紹介しています。Xperia X PerformanceとZ4 Tabletを使用中で、Androidアプリも開発しています。

Twitter: @AndroPlus_org


コメントフォーム右上の「ログイン」メニューで各種SNSアカウントでログインできます。
匿名でコメントしたい場合は、名前とメールアドレスを入力した後「アカウントを作成せず投稿する」にチェックを入れてください。
Disqusに登録すると、返信通知を受け取れます。