InFocus M560レビュー。コスパの良い4GデュアルSIMスマホ

当サイトで紹介するMODやアプリなどの内、システムファイルの改変やシステムに深く関わるものはroot化やリカバリが必須となります(root化の必要なしと明記している場合は除く)。導入は自己責任で行ってください。また、技適の無い機器の使用は自己責任です。

InFocus M560 GearBest

主に中国・香港のスマートフォンやタブレット、関連グッズを取り扱う海外通販サイト、GearBest様よりレビュー用にInFocus M560をいただいたので、レビューしたいと思います。


GearBestとは?

中国からスマートフォンやタブレットなどを発送する通販会社で、アイテム数は50,000点以上にものぼるそうです。海外通販サイトというと支払い方法に不安を持ったり、送料がかなり高く付いてしまうのではと思ったりするかも知れませんが、GearBestでは支払い方法にPayPalを採用しており、GearBestの45日間の返品期間と合わせ、商品が届くまでと届いてから何かあったときにも安心できます。また、送料は日本向けでも基本無料で、早く届けて欲しい場合は送料を払う形になっています。

InFocus M560のスペック

InFocus M560はFoxconn Technology Group (鴻海科技集団) グループのFIH Mobileが製造しているスマートフォンで、上位モデルであるInFocus M808の廉価版となります。

InFocus M808との違いは対応バンドが少なくなっていること等だそうですが、正確な情報が見つけられないので、具体的にどう違うのかは分かりませんでした。

InFocus M560 (InFocus V5)
OS Android 5.1 Lollipop
メモリ RAM 2GB/ROM 16GB
プロセッサ MediaTek MTK6753
ディスプレイ 5.2インチ FHD(1920×1080)
サイズ 147 x 73 x 7.5 mm
重さ 158g
SIM nano SIM
Dual SIM デュアルスタンバイ
メインカメラ 13MP
フロントカメラ 5MP
バッテリー 2,450mAh
対応周波数/バンド 2G: GSM 850/900/1800/1900MHz
3G: WCDMA 850/900/1900MHz/2100MHz
4G: FDD-LTE Band 1,3,5,7,8,28
4G: TD-LTE Band 38,39,40,41

ちなみに、InFocus M560はソフトウェア的にはM808と同一で、端末情報のモデル番号もInFocus M808と表示されています。箱にはInFocus V5と書かれているので余計にややこしいことに…。

InFocus M560

充電用プラグとUSBケーブル付き

InFocus M560はどこかで見たことがあるタイプの箱に入っていて、充電用プラグ、USBケーブル、SIMピンなどが同梱されています。充電用プラグはおそらく日本でも使用できるタイプだと思いますが、差し込む部分に穴が空いていないので、日本仕様の充電器を別途購入した方が安心です。本体の包装には各ボタンやスロットの位置と意味がアイコンで分かりやすく表示されているので、説明書を見なくても、どのボタンを押せば良いのかすぐ分かります。

InFocus M560の箱

SIMトレイとSDカードスロットは別々に

InFocus M560はデュアルSIMですが、他社のデュアルSIM端末でありがちな、2枚SIMを挿すとmicroSDカードを入れられないといったことはなく、SIMカード2枚を入れるスロットとmicroSDカードスロットが別々になっています。2枚のSIMを使い分けながらmicroSDカードも利用できるので、どちらか一方で妥協せずに済みます。

SIMトレイ

2枚のSIMを切り替えて使うデュアルSIM

SIMスロットに入れたSIMは、SIM cards設定で切り替えて使用できます。4G+2Gのデュアルスタンバイのため、日本で使用するにはどちらか一方でしか通話もデータ通信もできません。そのため、デュアルスタンバイを有効活用できるのは2Gを使用できる海外のみです。

データ通信に使うSIM選択 データ通信に使うSIM選択切り替え

VoLTEにも対応していますが、日本のキャリア向けのVoLTEには対応していないようで、157001にかけると3Gになってしまいました。

157001 VoLTEにできず

(5.1の時にスクリーンショットを取っていたのですが、6.0アップデートの時に消えてしまったので上のスクリーンショットは6.0のものになります)

電源ボタンと音量キーは左側配置

好みが分かれる電源ボタンと音量キーの配置ですが、InFocus M560では左側に配置されています。イヤホンジャックは上部、microUSBポートは下部中央にあります。microUSBポートは固めで、多少引っ張っても抜けないようになっています。

電源ボタンは左側

日本語を選べるものの、翻訳は一部のみ対応

InFocus M560の言語設定では日本語を選べて、日本語フォントもちゃんと削除されずに入っているので各種アプリでの日本語表示は中華フォントにならず、正しく表示されます。ただ、何故か設定などシステム部分の日本語翻訳が削除されてしまっているようで、日本語に設定してもほとんどの部分が英語のままでした。簡単な英語なので日本語で無くてもそれほど大きな問題ではありませんが、できれば日本語で表示された方が良いですよね…。

日本語設定設定画面

格安スマホとは思えない、スムーズな動き

1万円台で購入できるスマホとなると動作はガクガクで「とりあえず動くだけ」ではないかと思っていたのですが、実際に触ってみると引っかかりも無くスムーズに動き、体感ではXperia Z2、Z3ぐらいの快適さです。バッテリー消費を抑える「Power Saver」でCPUクロックを下げたり、XperiaのSTAMINAモードのようにスタンバイ中にアプリが動作することを抑える機能などがあるので、バッテリーの持ちも良く、十分普段使いできます。

Power Saver

こだわりのディスプレイ設定

低価格ながらソフトウェアにも力が入れられていて、ディスプレイ設定ではダイナミックな表示に変更できる「Screen mode」、色温度を変更できる「Color temperature」などが用意されています。

色温度画面モード

さらにブルーライトフィルタまで搭載されています。日本だけで流行っているものじゃなかったんですね…。

ブルーライトフィルタ

ナビキーの並び替えも可能

LMTなどを使わない人にとっては、ナビキーの並びは普段使いでの利便性に大きく影響します。InFocus M560では、設定でナビキーの並び順を変更できます。4パターン (2パターンは機能を選べるカスタムキーの追加) から選べるので、バックキーの位置が好みに合わずイライラすることもありません。

ナビキーの並び順

お手軽にroot化や文鎮からの復旧も

非公式ツールではありますが、SP FlashToolを使えばTWRPなども簡単に焼くことができ、root化もSuperSUのZIPをインストールするだけでOKです。

SuperSU

さらに、開発中のベータ版でAndroid 6.0 Marshmallowも焼くことができるので、より快適で新機能が追加されたROMを試せます。Android 6.0ではスクリーンショット撮影時にスクロールや編集などがすぐできるようになったり、大きなファイルをWi-Fiとモバイルデータ両方を使って高速にダウンロードする「Turbo Download」などが追加されたりと単なるOSアップデートだけでなく、新機能も追加されています。

Android 6.0

旅行先での利用端末にも、おもちゃにもなるスマホ

元々中国で販売されているため、日本では対応バンドの関係でキャリアスマホに比べれば電波が入らない・入りにくい場所もありますが、中国などに旅行される際のサブスマホとしては活躍できると思います。root化やROM焼きも簡単なので、趣味のおもちゃとしても気軽に扱えます。

普段使いから趣味用途まで幅広いシーンで活躍できるInFocus M560。1万円台で買えるので、興味を持った方はぜひ購入してみてはいかがでしょうか。

Infocus M560をGearBestで購入する


Sony Mobile Communicationsのスマートフォン、Xperia向けのカスタマイズや便利なツールを紹介しています。Xperia X PerformanceとZ4 Tabletを使用中で、Androidアプリも開発しています。

Twitter: @AndroPlus_org

コメントフォーム右上の「ログイン」メニューで各種SNSアカウントでログインできます。
匿名でコメントしたい場合は、名前とメールアドレスを入力した後「アカウントを作成せず投稿する」にチェックを入れてください。
Disqusに登録すると、返信通知を受け取れます。