署名チェック無効化からダウングレードまで何でもおまかせ! XInstaller

この記事の賞味期限は切れています。
投稿から1年以上経過しているため、情報が古い可能性があります。

当サイトで紹介するMODやアプリなどの内、システムファイルの改変やシステムに深く関わるものはroot化やリカバリが必須となります(root化の必要なしと明記している場合は除く)。導入は自己責任で行ってください。また、技適の無い機器の使用は自己責任です。

アプリをインストールするときの署名チェックを無効化するXposedモジュール、
DisableSignatureCheckがバージョンアップされ、ダウングレードしたり、
管理機能が有効なアプリでもそのままアンインストールしたりする機能などが追加されました。
アプリ名もXInstallerに変更されています。



XInstaller | Xposed Module Repository
XInstaller …
XInstaller – 署名チェックなどインストーラの動作を変更するXposedモジュール

機能一覧 (v2.1)
  • 署名チェックの無効化 (CyanogenModではバグが起きます)
  • ダウングレードできるようにする
  • アプリの確認の無効化
  • 提供元不明なアプリでもインストール可にする
  • 外部ストレージにインストールするようにする
  • 有料アプリを/mnt/asecではなく通常のアプリと同じく/data/appにインストールする
  • アンインストール時にアプリのデータを残したままにする
  • システムアプリ全てを無効化、通知を非表示にできるようにする
  • 機器管理機能が有効なアプリでも直接アンインストールできるようにする

便利でもあり、使い方によっては危険でもあるモジュールです。
十分に気をつけてください。
XInstallerを開くとこのような画面になります。
Installations – アプリのインストール時に関わる動作の変更
Uninstallations – アプリのインストール時に関わる動作の変更
Misc – その他 (v2.1ではシステムアプリの無効化とデバッグログの有効化)

以下、説明はチェックしたときの動作です。
Installations
ENABLE
Downgrading apps – アプリをダウングレードできるようにする
Installing unknown apps – 設定→セキュリティで「提供元不明なアプリ」にチェックを入れた時と同様の効果
Installing apps on external storage – アプリを外部ストレージにインストールするようにする
DISABLE
Checking signatures – 署名チェックを無効化する
※v2.1ではCMでこのオプションを有効化するとバグが起きます。
build.propのtest-keysをrelease-keysに書き換えると良いそうです。
Forward locking – 有料アプリを/mnt/asecではなく/data/appにインストールする
Verifying apps – 設定→セキュリティで「アプリの確認」のチェックを外したときと同様の効果

Uninstallations
ENABLE
Keeping apps data – アンインストール時にアプリのデータを残したままにする
Uninstalling device admins – 機器管理機能が有効なアプリでも直接アンインストールできるようにする

Misc
ENABLE
Disabling system apps – システムアプリ全てを無効化、通知を非表示にできるようにする
Debug logging – XInstallerのデバッグログを有効化する


Sony Mobile Communicationsのスマートフォン、Xperia向けのカスタマイズや便利なツールを紹介しています。Xperia X PerformanceとZ4 Tabletを使用中で、Androidアプリも開発しています。

Twitter: @AndroPlus_org

コメントフォーム右上の「ログイン」メニューで各種SNSアカウントでログインできます。
匿名でコメントしたい場合は、名前とメールアドレスを入力した後「アカウントを作成せず投稿する」にチェックを入れてください。
Disqusに登録すると、返信通知を受け取れます。