POCO X3 Pro、$199~セール!5160mAhバッテリー、3.5mmイヤホンジャックも【クーポン更新】

POCO X3 Pro、$199~セール!5160mAhバッテリー、3.5mmイヤホンジャックも【クーポン更新】

4G機種としてはかなりのコストパフォーマンスを誇るPOCO X3 Proが4/6 15時よりセール開始されます。


4Gコスパモンスター

POCO X3 Proは世界で初めてSnapdragon 860を搭載するスマートフォンで、立ち位置としてはPOCO X3のパワーアップ版です。

ただしその差はあまりにも大きく、X3 ProはSnapdragon 855を超える性能を持っている上に高速なUFS 3.1ストレージに8GBメモリまで搭載しており、もはや別物レベルのスペックです。

にもかかわらず価格は$199 (約2.2万円) ~とむしろPOCO X3よりも安くなっており、X3の立場がありません。

Banggoodでは4/6 15時よりセールが開始され、数量限定価格

  • 6GB + 128GB版…クーポンBGBJPX3Pにて$199.99 (約2.2万円)
  • 8GB + 256GB版…クーポンBGJPX3P256にて$249.99 (約2.8万円)

で購入できます。

Banggood (6+128GB)

Banggood (8+256GB)

AliExpress

Snapdragon 860はSnapdragon 855のクロックアップ版のようなSoCです。

パワフルすぎるのと最適化が追いついていないせいでバッテリー消費が増えがちな5nmと違い成熟した7nmとなっているため、最高峰の性能まではいらないけれども普段使いやゲームを快適にできる程度は欲しい、という方におすすめです。

Snapdragon 860

6.67インチのフラットディスプレイを搭載し、120Hzリフレッシュレート、240Hzタッチサンプリングレートに対応しています。

ディスプレイにはGorilla Grass 6が使用されており、衝撃や傷に強くなっています。

背面のカメラは48MP + 8MP (超広角) + 2MP (深度) + 2MP (マクロ)です。

ディスプレイ

スピーカーはステレオで、最近の機種としては珍しく3.5mmイヤホンジャックを搭載しています。

変換アダプターがなくても有線イヤホンを使いやすいです。

ストレージはUFS 3.1で、なんと1TBまでのmicroSDXCカードにも対応しています。

3.5mmイヤホンジャック

側面指紋認証センサーを搭載しているため、画面内指紋認証センサーだと使いにくいという方には良さそうです。

同じ側面指紋認証センサーのPOCO F3だと画面内のMi 11よりもむしろ認証スピードが速かったですし、X3 Proも速めではないかと思います。

側面指紋認証センサー

バッテリーは大容量5160mAhです。

一般的なゲームでは約11時間、動画再生では18時間持つそうです。

33Wの急速充電に対応しています。

5160mAh

透明カバーも付属しています。

付属品

対応バンドは

2G GSM: 850, 900, 1800, 1900 MHz
3G WCDMA: B1, 2, 4, 5, 8
4G LTE FDD: B1, 2, 3, 4, 5, 7, 8, 20, 28
4G TDD-LTE: B38, 40, 41

で、Y! mobileSoftBankといったSoftBank系の回線に適しています。

Banggoodでは4/6 15時よりセールが開始され、数量限定価格

  • 6GB + 128GB版…クーポンBGBJPX3Pにて$199.99 (約2.2万円)
  • 8GB + 256GB版…クーポンBGJPX3P256にて$249.99 (約2.8万円)

で購入できます。

AliExpressのセールと違って日本限定なのでマシだと思いますが、あらかじめカートに入れておいて待機しておくのがおすすめです。

【4/7追記】クーポンが更新されました。

Banggood (6+128GB)

Banggood (8+256GB)

AliExpress

はてブ Pocket Mastodon タイトルとURLをコピー
カテゴリ: ,


コメントフォーム右上の「ログイン」メニューで各種SNSアカウントでログインできます。
匿名でコメントしたい場合は、名前とメールアドレスを入力した後「アカウントを作成せず投稿する」にチェックを入れてください。Disqusに登録すると、返信通知を受け取れます。

当サイトで紹介するMODやアプリなどの内、システムファイルの改変やシステムに深く関わるものはroot化やリカバリが必須となります(root化の必要なしと明記している場合は除く)。導入はバックアップを取ってから自己責任で行ってください。また、技適の無い機器の使用は自己責任です。