vivo iQOO Neo5をVoLTE有効化する方法。OriginOS搭載の他機種と違い非root・PC不要でできる

vivo iQOO Neo5をVoLTE有効化する方法。OriginOS搭載の他機種と違い非root・PC不要でできる

OriginOSを搭載したvivo iQOO Neo5でVoLTEを有効化する方法を紹介します。多分これが一番早いと思います。


SIM入替後のネット初期化が必要

iQOOシリーズのうちSnapdragon SoC採用端末では、

  1. Activity LauncherなどでVoLTE通話のチェックボックスを表示させる
  2. *#558# をダイヤルする
  3. Quality verification test → development → Debugging 5G portをオン
  4. QPSTをインストールし、PDCで設定

という手順でVoLTEを強制的に有効化する手法がありました。

ただ、OriginOSになってからは上記の方法ではVoLTEのチェックボックスが出せなくなってしまいました。

 

新しく発見した方法では「SIMを差し替える度にネットワーク設定の初期化が必要」というデメリットはあるものの、ひとまずはVoLTE通話ができるようになりました。

この手法は今のところOriginOS for iQOOを搭載したiQOO Neo5でのみ利用できるようで、vivo X60 Pro+等他の機種では利用できないようです。

iQOO Neo5でVoLTEを有効化する方法

まず、Activity Launcherをインストールして「MBN Test」を探します。

3つある内の一番上 (~MbnFileActivate)を押してください。

MBN Test

するとこのようにMBNを選ぶ画面が表示されます。

一覧から「Volte_Commercial-Vodafone」を探してチェックを入れ、「Activate」を押して「Confirm」を押してください。

キャリアによって挙動が異なるようなので、「Volte_Commercial-Vodafone」で駄目なら「VoLTE-CU」「Italy-VoLTE-Vodafone」なども試してみてください。

これがPDCでの操作にあたるもので、もうPCに接続して設定する必要はありません。

MBN

再起動が完了したら、システムの設定→バックアップとリセット→ネットワーク設定をリセットを押してください。

ここでリセットした後、SIMの設定を開いてAPN設定をすればVoLTEが利用できるようになります。

APN設定後もVoLTEアイコンが出なければ、機内モードにして数秒後にオンにし直してみてください。

リセット

Y! mobileにてVoLTE通話できることを確認しました。

残念ながら楽天モバイルではVoLTEを有効にできないようで、楽天回線エリアで何度か試してみましたがVoLTEアイコンは付かず通話もできませんでした。

*#*#4636#*#*のメニューで携帯電話情報を開き、NR/LTEモードにすれば楽天エリアでデータ通信することはできます。

VoLTE

SIMを差し替えるとVoLTEのチェックが外れるのと同じ挙動になるようで、もう一度「ネットワーク設定をリセット」をすればVoLTE通話できるようになります。

VoLTEを有効に使用とする度にWi-FIやBluetoothの設定まで消されてしまうのが厄介ですが、ひとまずはOriginOSでもVoLTEが使えるようになって一安心です。

京東で購入

AliExpressで購入

GIZTOPで購入

はてブ Pocket Mastodon タイトルとURLをコピー

カテゴリ:
コメントフォーム右上の「ログイン」メニューで各種SNSアカウントでログインできます。
匿名でコメントしたい場合は、名前とメールアドレスを入力した後「アカウントを作成せず投稿する」にチェックを入れてください。Disqusに登録すると、返信通知を受け取れます。

当サイトで紹介するMODやアプリなどの内、システムファイルの改変やシステムに深く関わるものはroot化やリカバリが必須となります(root化の必要なしと明記している場合は除く)。導入はバックアップを取ってから自己責任で行ってください。また、技適の無い機器の使用は自己責任です。