NlpUnbounce – NLP Wakelocksを抑えるモジュール

この記事の賞味期限は切れています。
投稿から1年以上経過しているため、情報が古い可能性があります。

当サイトで紹介するMODやアプリなどの内、システムファイルの改変やシステムに深く関わるものはroot化やリカバリが必須となります(root化の必要なしと明記している場合は除く)。導入は自己責任で行ってください。また、技適の無い機器の使用は自己責任です。

NlpUnbounceは、Googleの位置情報サービスを使っているときに起きる「NlpWakeLock」や「NlpCollectorWakeLock」
といったものを抑えて、消費電力を少なく出来るXposedモジュールです。



NlpUnbounceはXposed Module Repositoryでダウンロードできます。
位置情報でGoogleの位置情報サービスを有効にしていると、
60秒ごとに15秒間位置情報の確認がされ(wakelock)、
その間はDeep Sleepにならないため、その分電池を消費してしまうそうです。
Xposed Installerで有効にして再起動すると、この位置情報確認の間隔を240秒(4分)ごとに変更します。
Xposed Installer→モジュールでNlpUnbounceをタップすると好きな間隔に変更することも出来ます。


Sony Mobile Communicationsのスマートフォン、Xperia向けのカスタマイズや便利なツールを紹介しています。OnePlus 3T A3010とXperia XZ F8332を使用中で、Androidアプリも開発しています。

Twitter: @AndroPlus_org

コメントフォーム右上の「ログイン」メニューで各種SNSアカウントでログインできます。
匿名でコメントしたい場合は、名前とメールアドレスを入力した後「アカウントを作成せず投稿する」にチェックを入れてください。
Disqusに登録すると、返信通知を受け取れます。