Xposed Framework v86更新、不正なモジュールが使用不可に

当サイトで紹介するMODやアプリなどの内、システムファイルの改変やシステムに深く関わるものはroot化やリカバリが必須となります(root化の必要なしと明記している場合は除く)。導入は自己責任で行ってください。また、技適の無い機器の使用は自己責任です。

Xposed

rovo89氏より、Xposed Framework v86がリリースされました。


Xposed Installerのダウンロードはこのページで、
Xposed Frameworkのダウンロードはこのページで出来ます。

更新内容

  • Huaweiのstock ROMなど、独自の”Resources subclass” を使用しているROMとの互換性を改善
  • 正しくコンパイルされていないモジュールを読み込まないように変更
  • その他修正

また、次バージョンではsystemを改変せずXposedフレームワークを使えるようになる、systemless XposedをAndroid 6.0以降向けに公式対応する予定であることも発表されています。

v85から新しく追加された機能でログを取得するには、
adb shell
su
touch /data/data/de.robv.android.xposed.installer/conf/log_all
と実行してください。作成したファイルにログが書き込まれます。詳しくはこちらのページを見てください。


Sony Mobile Communicationsのスマートフォン、Xperia向けのカスタマイズや便利なツールを紹介しています。OnePlus 3T A3010とXperia XZ F8332を使用中で、Androidアプリも開発しています。

Twitter: @AndroPlus_org

コメントフォーム右上の「ログイン」メニューで各種SNSアカウントでログインできます。
匿名でコメントしたい場合は、名前とメールアドレスを入力した後「アカウントを作成せず投稿する」にチェックを入れてください。
Disqusに登録すると、返信通知を受け取れます。